文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いつか赤ちゃんに会いたいあなたへ

医療・健康・介護のコラム

「来年45歳 でも私、卵子が結構とれるんです」 決められない不妊治療のやめどき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

出生数が過去最少 少子化待ったなし

 早いもので令和元年も、あと10日ほどで終わろうとしています。

 今年のニュースの中で、一般的にはさほど大きく取り上げられないものの、日本の未来にとって非常に重要な意味を持つものがあります。そのひとつは間違いなく「出生数の大幅減少」ではないでしょうか。1899年の統計開始から初めて90万人割れし、過去最少となるのが確実になってしまいました。予測よりもはるかに早く、少子化が待ったなし状態となっています。

 少子化の原因は、生涯未婚率の上昇、晩婚化・晩産化、仕事と育児の両立、不景気による先行き不安からくる産み控えなど様々言われていますが、そうした状況にありながらも、私の周りには子どもを産みたいと望む当事者が増え続けているように感じています。

 前回のコラムで述べたように、20代から不妊治療をして頑張っているカップルもいれば、40歳近くになって治療を始めて努力しているカップルも多くいます。

「来年45歳 でも私、卵子が結構とれるんです」 決められない不妊治療のやめどき

やめどきに悩む年末

 そんな中、この時期になると必ず寄せられる相談があります。

「不妊治療のやめどきがわからない」という悩みです。

 12月は年賀状や帰省の準備も必要ですし、おのずと今年一年を振り返ることになります。ひいては「こんなに頑張ってきたのに、うちには赤ちゃんが来なかった」という事実を突きつけられる時期でもあるわけです。これは当事者にとって大きな精神的負担になります。

40代夫婦 「まだまだ可能性ある」と言われて頑張ったが…

 結婚2年目のMさんは、不妊治療歴も2年。同い年の夫とは再婚同士で、年齢は44歳です。「二人とも子どもはいなくて別れたので、このままバツイチでずっと一人でいるんだろうなって思っていたんです。でも同窓会で十数年ぶりに再会して……。まさか再婚するとは思わなかったんだけど……」とMさん。二人とも子どもは好きだったのにいないということで、「ダメ元で」結婚してからすぐに近所の病院に通いだしたとのこと。そこで、すぐに体外受精をとすすめられ、それからずっと頑張っているのに「成果が出ない」と言います。

 「最初は、年齢もあれだし、きっと無理だろうから。でも一応検査だけでも、と思っていってみたんです。そうしたら私ぐらいの年齢はまだまだ可能性があると言ってもらって、じゃあちょっと頑張ってみようかなと。実際、半年後に妊娠したんです! それでもう夫と二人で大喜びして、親にも連絡して。親が泣いて喜んでくれて。こっちももらい泣きしちゃって。でも、流産になってしまって……」

 その時に、自分が思ってもみないほどの大きなショックを受けてしまい、そのこと自体ショックだったと、Mさんは言います。「ああ、私本当は子どもがすごく欲しかったんだな。この人の子どもを産みたいって思っていたんだなって思うと、なんだかもう、絶対欲しいと思っちゃったんですよね」。

「もう1回だけがんばってみようかな。どこであきらめたらいいのか」

 それ以来、仕事をやめて治療に専念してきたものの、残念ながらMさんはその後、妊娠反応を見ることがなく、今に至っているそう。

 「来年は二人とも45になるし、もうあきらめなきゃいけないのかなって。でも私、卵子が結構とれるんです。グレードもいいって言ってもらって。じゃあ、もうちょっと頑張ったら、また妊娠できるのかなって。1回妊娠できたし。もう1回だけ頑張ってみようかなって。なんかもう、どこであきらめたらいいのか、あきらめなきゃいけないのか、わからないんです……」

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

meet-baby_title2-200-200

松本亜樹子(まつもと あきこ)

NPO法人Fine理事長/国際コーチ連盟認定プロフェッショナルサーティファイドコーチ

 長崎市生まれ。不妊経験をきっかけとしてNPO法人Fine(~現在・過去・未来の不妊体験者を支援する会~)を立ち上げ、不妊の環境向上等の自助活動を行なっている。自身は法人の事業に従事しながら、人材育成トレーナー(米国Gallup社認定ストレングス・コーチ、アンガーマネジメントコンサルタント等)、研修講師として活動している。著書に『不妊治療のやめどき』(WAVE出版)など。
Official site:http://coacham.biz/

いつか赤ちゃんに会いたいあなたへの一覧を見る

最新記事