文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

のぶさんのペイシェント・カフェ 鈴木信行

コラム

年末の受診 処方箋の有効期限に注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

正月休みを前に病院も混雑

 年末も押し迫り、このカフェに顔を出せるのも今日が今年最後になるだろう。年末のあいさつをマスターののぶさんにしておこうと思って、仕事に帰りに寄ってみた。さすがに混んでいる。

 寒い中、外で数分待たされた。ようやくカウンター席が空き座ると、注文とほぼ同時に温かなコーヒーをのぶさんが持ってきた。

 「早いですね」

 「いつも注文いただくのはこのコーヒーだし、お待ちいただいて体が冷えているだろうから、と思って……」

 先読みをして、早々に () れてくれたらしい。ありがたい。両手でカップを包むように持ち、指先を温める。
 「さすがに年末は混みますね」

 「ウチに限らず、世の中全体がせわしなくなっていますよね。病院とかも」
 のぶさんが言うには、年末年始に外来を休む病院は多いから、その直前の時期は結構混むらしい。

処方箋の有効期限は4日間

処方箋にはよく見ると「4日以内」と有効期限が書かれている

処方箋にはよく見ると「4日以内」と有効期限が書かれている

 「混むだけではなくてね……」

 のぶさんが、洗ったカップやグラスを拭きあげながら、話を続けてくれる。病院はやっていても、いつもの薬局は年末年始休みに入ってしまう可能性があるという。

 以前、薬局は、病院の前ではなくて、自宅や職場の近くにかかりつけを持つといいと言われていた。妻や母にもそれは伝えているので、それ以来薬局を変えたようだった。

 「でも、毎日飲む薬は少し残っていれば、正月休み明けにもらえばいいですよね」。年末の混雑よりは年始の方が空いているだろうから、のぶさんに言ってみた。

「そりゃ無理なんですよ。」

 ん? なぜだ。

 「処方箋は、原則4日しか有効期限がないんですよ」

 ん! 12月25日にもらった処方箋は、28日までに薬局に渡さないとならないということか。

救急相談窓口の電話番号を登録

 年末年始の受診は、結構戸惑うことが多いのかもしれない。急病になったらどうすればいいのだろう。大学病院ですら休むと聞いている。

 「もし何かあっても困らないように、携帯電話に『救急相談窓口』を登録しておくといいですよ」

 そう言って、のぶさんは自分のスマートフォンをカウンター越しに見せてくれた。「救急相談窓口 #7119」と登録されている。なんだろう、この番号は。

 東京や大阪などいくつかの地域では、急な病気やケガをした場合などに「救急車を呼んだほうがいいのか?」、「今すぐ病院に行ったほうがいいのか?」など迷った際の電話相談窓口として、この番号が使われているらしい。ただし、地域によって番号は異なるので、自治体のホームページなどで調べて、いまのうちに番号を登録しておくとよいそうだ。

 のぶさんが淹れてくれたコーヒーを飲みながら、「救急」「相談」「市町村名」のキーワードで検索してみた。「休日夜間の救急医療体制」という項目でヒットした。私の住む市では市外局番で始まる番号が用意されているようだ。お礼を言いつつ、さっそく登録しておく。

小児の救急相談は全国共通#8000

 後ろのテーブル席には、ベビーカーに乗った赤ちゃんとそのご両親がいた。彼らもこの話を聞いていたらしく、スマホをいじり始めた。それを見たのぶさんが、そのお母さんに話しかける。

 「子どもの場合は、全国どこでも、#8000という番号がありますよ」

 年末年始に子どもが急病やケガをした際など、救急車を呼ぶかどうか悩んだら、かけてみる価値はありそうだ。

 実家で一人暮らしの母にも、帰省した時に教えよう。また、このカフェで宿題をもらったようでもあり、年始にのぶさんに報告できることも楽しみでもある。

 「よいお年をお迎えください……」

 年末のあいさつをしてカフェを出た。北風はやはり冷たく顔に当たってくる。

 (鈴木信行 患医ねっと代表)

 下町と言われる街の裏路地に、昭和と令和がうまく調和した落ち着く小さなカフェ。そこは、コーヒーを片手に、 身体(からだ) を自分でメンテナンスする工夫やアイデアが得られる空間らしい。カフェの近所の会社に勤める49歳男性の私は、仕事の合間に立ち寄っては、オーナーの話に耳を傾けるのが、楽しみの一つになっている。

(※ このカフェは架空のものです)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

nobusan-patientcafe_eye02

のぶさんのペイシェント・カフェ

鈴木信行(すずき・のぶゆき)
患医ねっと代表。1969年、神奈川県生まれ。生まれつき二分脊椎の障害があり、20歳で精巣がんを発症、24歳で再発(寛解)。46歳の時には甲状腺がんを発症した。第一製薬(現・第一三共)の研究所に13年間勤務した後、退職。2011年に患医ねっとを設立し、より良い医療の実現を目指して患者と医療者をつなぐ活動に取り組んでいる。著書に「医者・病院・薬局 失敗しない選び方・考え方」(さくら舎)など。


のぶさんのペイシェント・カフェ 鈴木信行の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事