文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

心療内科医・梅谷薫の「病んでるオトナの読む薬」

医療・健康・介護のコラム

「会社の飲み会がホントに苦手」 人間関係に疲れて休職…超過敏「HSP」の人たちが持っている「才能」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

相手の気持ちがわかり過ぎて

 彼は、人の気持ちがわからないわけではない。むしろ、相手の気持ちがよく理解できるために、共感しすぎて振り回され、疲れ切ってしまうのだ。

 「職場の飲み会とか、本当に苦手なんです。周りが盛り上がるほど、自分は疲れて『盛り下がって』しまう。『ちょっと用事があるんで』と言って自分の部屋に戻ると、『あぁ、一人はいいなぁ!』って心から思いますよね」

 彼のような「過敏」な人たちは、私の外来でも時々見かける。HSPに該当する人たちは、全人口の15~20%にのぼるという研究もある。感覚が過敏すぎて、強い刺激や人間関係に疲れ切ってしまい、不安や抑うつで病的になって外来に通っているのだ。

 「HSPは、まだガイドラインに載っている診断名ではないので、とりあえず、今の診断名で治療は続けましょう。HSPだとすれば、困難なことばかりでなく、他人よりも優位な点も多いから、それを生かすような工夫をすればよいと思いますよ」

 Z也さんには、そのようにアドバイスしてみた。

過敏性は集団の危険を察知する能力

 その後しばらくして、彼の生活にも転機が訪れたようだった。

 「先生、新しい勤務先が見つかりました。IT関係の会社で、在宅勤務が基本。仕事は出来高払いで、会社へはときどき行くだけでいいそうです。やはり、自分の安心できる環境で、よけいな気を使わずに仕事できるのが一番ですよね。おかげで、前から個人で運営している映画のおすすめサイトも、充実させられそうです。先生もぜひ、のぞいてみてください!」

 Z也さんもずいぶん元気を取り戻したようだ。

 HSPの人たちは、抜群のセンスを生かして、芸術や技術の分野で先進的な仕事をすることも多い。「過敏性」とは、もともと「集団の危険を察知するために発達した能力」だとも言われる。時代を先取りする細やかな感性は、むしろ「新しい人類」の可能性を (ひら) くものかもしれないのだ。

 「あ、先生、新しいカウンセラーのご紹介、ありがとうございました。とてもセンスのよい女性だったので、今度一緒に映画を見ることにしました」

 「おいおい、いつの間に……」

 と言おうとしたら、彼の姿はすでに外来から消えてしまっていた。(梅谷薫 心療内科医)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20181127-yomusuri-prof200

梅谷 薫(うめたに・かおる)

 内科・心療内科医
 1954年生まれ。東京大学医学部卒。90年から同大学で精神科・心療内科研修。都内の病院の診療部長、院長などを経て、現在は都内のクリニックに勤務。「やまいになる言葉~『原因不明病時代』を生き抜く」(講談社)、「小説で読む生老病死」(医学書院)など著書多数。テレビ出演も多い。

心療内科医・梅谷薫の「病んでるオトナの読む薬」の一覧を見る

2件 のコメント

コメントを書く

世の中よく見ると見えるものは沢山あります

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

いまどきこんな病名まであるんですね。 良い仕事は完璧に近いモノを言うわけなので、繊細な部分はあって当り前な気もします。 ミクロ単位の仕事とセンチ...

いまどきこんな病名まであるんですね。
良い仕事は完璧に近いモノを言うわけなので、繊細な部分はあって当り前な気もします。
ミクロ単位の仕事とセンチ単位の仕事が違うのは当たり前だし、両方の性質を兼ね備えている人間ばかりでもないというだけの話ですが。

一方で、こういう病名が、繊細な人を守るのであればいい話でしょう。
普通の人は専門職の細かい仕事の中身ではなく、職種や肩書、あるいは収入とか世間にあるイメージでしか他人を判断できないからです。
それは、何も他人だけでなく、近親者もそうです。

さて、よく観察すると、態度や行動から透けて見えるものは沢山あります。
隠すためにわざと逆の態度を取る人も多いですね。
あまり真正直に口にして良い事もないですが、趣味としてやる分には面白いこともあります。
一方で、見ざる聞かざる言わざる、なんて言葉があるのは人間社会では色々ややこしいからですよね。

医療でも客観的真実が感謝や報酬の対象にならないことはよくあって、考えさせられます。
感謝されると信じています、は便利な言葉で、何パーセントかは書きません。
サッカーもそうですが、偽善かもしれない行動や言動は半分趣味だと割り切ると気が楽です。

つづきを読む

違反報告

詳しい者ではないですが

「メールの言葉づかいや変換の間違いを許せない。ずさんな仕事を見ると、イライラしてつい相手を責めてしまうのだ。」 HSPの人ってこれができるイメー...

「メールの言葉づかいや変換の間違いを許せない。ずさんな仕事を見ると、イライラしてつい相手を責めてしまうのだ。」
HSPの人ってこれができるイメージが無いんですけどどうなんでしょうか? むしろ責められる側の気持ちを伺っちゃうイメージ…

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事