文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

一病息災

闘病記

[タレント 大桃美代子さん]白内障・緑内障(1)かゆみ 目やに?眼科へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[タレント 大桃美代子さん]白内障
・緑内障(1)かゆみ 目やに?眼科へ

 テレビのバラエティーや情報番組などでお茶の間の人気者になった。好奇心が持ち味。新潟県の出身で食や農業に関心が高く、自ら無農薬米作りに取り組んでいる。また、韓流ドラマの宣伝番組出演がきっかけで、語学留学もしたほどの韓国通だ。

 元気に活動していた2013年2月、目のかゆみを感じた。目やにのようなものが出ていたので、綿棒で取ろうとするとビューッと伸びて取れない。目やにではない。「花粉症とかアレルギーかな」と心配して、眼科を受診した。

 視力や眼底、眼圧、視野などの検査を受けて、医師の診断を聞いた。「アレルギーではなく、白内障が進んでいます。それに緑内障です。目から出てきたのは粘膜ですが、それは問題ありません」

 「えっ」と言葉を失った。「白内障はお年寄りの病気でしょ、それに緑内障って失明の危険が……」

 白内障は目のレンズの役割をする水晶体が白濁する病気で、多くは加齢に伴って起こるが、若くして発症する場合もある。緑内障は、視神経に障害が起こり、視野欠損や失明の原因になる。

 「白内障は様子を見ましょう。緑内障は進行性の病気ですが、いい点眼薬があるので、それで管理していきましょう。心配いりませんよ」と医師に言われた。この時、48歳。「なんでこうなっちゃったんだろう……」。失明の不安もあって落ち込んだ。

タレント 大桃美代子さん(54)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

一病息災の一覧を見る

最新記事