文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

大腸がんはいま(3)抗がん剤で希望つなぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
大腸がんはいま(3)抗がん剤で希望つなぐ

現在使っている分子標的薬を手にする山田さん(東京都内で)

 東京都の山田豊さん(60)は2010年、大腸がんが見つかった。肺に転移したがんが取り切れず、15年に余命半年の告知を受けたが、それから4年が過ぎた。

 若い頃、サーフィンに熱中した。当時よく行った千葉県の海に、長男(20)の車で連れて行ってもらうのが今の楽しみだ。家業の建築仕事もできる範囲でする。体調が悪くなければ家族旅行もする。「きっと運が良かったから、まだ生きてられるんだろうね」

 10年の初め、排便時にわずかな出血があった。そのままにしていたら、半年ほどして血の塊のようなものが便と一緒に出た。慌てて検査を受けると、大腸のうち肛門に近い直腸のがんだった。

 肝臓にも転移しており、がん研有明病院(東京都)で同年6月、最もがんが進行した状態の「ステージ4」と説明された。当時、双子の長女と長男は小学5年生。「まだ死ねないんだよ」。手術に臨んだ。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事