文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

扁桃肥大 頻繁に喉の痛み

 子どもの頃から (へん)(とう)()(だい) です。60歳を過ぎて頻繁に喉の痛みと発熱に悩まされるようになりました。担当医に「口呼吸はダメ」と注意され、寝る時にはマスクをしています。これから何に注意が必要でしょうか。(69歳女性)

高齢者 免疫異常の疑いも

原渕 保明 旭川医大耳鼻咽喉科・ (とう)(けい)() 外科教授(北海道旭川市)

 質問者の喉の痛みや発熱は、2、3か月に1回程度あるとうかがっています。年に3~4回以上、急に扁桃炎になる「習慣性扁桃炎」を併発している可能性があります。

 習慣性扁桃炎なら、扁桃の摘出手術を受けるのが望ましいです。手術は全身麻酔で行われ、1時間程度で済みます。入院期間は1週間ほどですが、症状の大幅な緩和につながる点からも、手術の利点が大きいことを知ってもらいたいと思います。

 他の治療法としては、抗菌薬や炎症を抑える薬を服用することや、喉への薬のスプレー、吸入などがあります。

 予防法には、▽外出時や就寝時のマスク着用▽口、鼻のうがいを頻繁に行うこと▽飲酒や喫煙を控えること――などがありますが、その効果には個人差があります。

 習慣性扁桃炎は、一般的には加齢とともに発熱の回数が減る傾向があります。高齢になり症状が悪化したとすれば、免疫の異常に関わる他の病気の可能性も考えられます。詳しい検査が必要になる場合があるので、担当医に相談することをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額200円(税抜き)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。