文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

インフル、風邪に無防備な冬の「口呼吸」 寝不足、口臭の原因にも…無意識な口の開きを知るチェックリスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「近頃、風邪ばかりひいている」「朝起きたら、のどが痛い」……。そうした人は、無意識に「口呼吸」をしているかもしれない。口呼吸は、睡眠不足など不調につながるほか、口臭やいびきなどの気になる症状とも関係が深く、特に冬は、インフルエンザなどの感染症も招きやすくなる。どうすれば健やかな呼吸を保てるのか、帝京大学ちば総合医療センター耳鼻咽喉科の鈴木雅明教授に聞いた。(聞き手・梅崎正直 ヨミドクター編集長)

男性に多いが、閉経後の女性にも

インフル、風邪に無防備な冬の「口呼吸」 寝不足、口臭の原因にも…無意識な口の開きを知るチェックリスト

 ――就寝時の口呼吸を自覚している人は5割近いというネットアンケート結果(ウーマンウェルネス研究会実施)もあり、多くの人が気にしているようです。口呼吸になりやすいのは、どういう人でしょうか。

 成人では、アレルギー性鼻炎や慢性副 鼻腔(びくう) 炎があったり、ウイルス性の鼻炎に繰り返しかかったりして、鼻がつまりやすい人。炎症がなくても、鼻中隔 彎曲(わんきょく) 症の人は口呼吸になりやすいですね。また、病的に太っている人、姿勢が悪い人も口が開きやすくなります。

 ――年齢や性別では?

 比較的、若い人が多いのですが、寝ている間に限れば、高齢になるほどいびきをかいて、口呼吸になりがちです。メカニズムは完全にはわかっていませんが、男性の方が多い。女性では閉経後に多くなることから、女性ホルモンが関わっているとも言われています。

 ――口呼吸そのもので受診する人は少ないと思うのですが、患者さんはどのような症状を訴えてくるのでしょうか。

 お子さんでは、「鼻息が苦しそう」などと親が心配し、連れてくることもあります。鼻の疾患のほか、上咽頭にアデノイド(咽頭 (へん)(とう) )の肥大がある場合も口呼吸になります。大人は、鼻づまりのほか、いびきや睡眠時無呼吸で来院されることが多いです。

風邪引きやすく、朝のだるさ、口臭の悩みも

 鈴木雅明教授

鈴木雅明教授

 ――口呼吸をしていると、健康上、どのような問題が起きやすいのですか。

 人間は本来、鼻呼吸で、鼻は高性能な加湿器の役目を果たし、気道を保護します。また鼻には、ウイルスや不純物を取り除く粘膜繊毛運動機能があります。口呼吸だと、そうした防御機能が働かず、外気がダイレクトに気道に入ってくるため、風邪などにもかかりやすくなる。

 また、寝ているときに口が開くと、舌根が沈下し、いびきや睡眠時無呼吸につながります。睡眠の質も悪く、朝のだるさ、昼間の眠気などを訴える人もいます。また、口臭に悩むケースも多いです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事