文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

深層NEWSフライデー

医療・健康・介護のニュース・解説

「危ないお風呂の入り方 ヒートショックを防げ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 暖かい部屋から寒いお風呂場に入るときなどに急な温度差によって血圧が上下して重大な病気を引き起こすヒートショック。入浴中にヒートショックを起こすなどして死亡した人の数は、年間約1万9000人と推計されているという。

 今回は、スタジオに2人の専門家をゲストに招き、右松健太キャスターらが実際のバスタブを使いながら安全な入浴法を学んだり、ヒートショックになりにくい体作りのための体操を実演したりしながら、解説しました。

(ゲスト)

池谷敏郎(いけたに・としろう)  循環器専門医 近著『「末梢血管」を鍛えると、血圧がみるみる下がる!』

早坂信哉(はやさか・しんや)  温泉療法専門医 東京都市大学教授。医学的見地から入浴法を研究。近著『最高の入浴法』

温度差が血圧変動を引き起こす

スタジオにバスタブを置いて安全な入浴法を解説

スタジオにバスタブを置いて安全な入浴法を解説

右松 各地で真冬並みの寒さとなって、いよいよ冬到来といった感じです。温かいお風呂に入って温まりたい季節ですが、お風呂の入り方によっては命の危険につながることもあるというんです。その原因で多いのがヒートショックです。

久野静香アナウンサー きょうは読売新聞の医療サイト「ヨミドクター」担当の染谷一さんにもトークに加わっていただきます。ヒートショック、恐ろしいですよね。

染谷 実は、ここに来る前に「ヨミドクター」の編集長から、彼のおじいさまが入浴をなさっているときに命を落とされたという話を聞いてびっくりしまして。「ヨミドクター」でもこのヒートショックの話題は毎年のように記事として掲載しています。

右松 今夜はスタジオに実際にバスタブを用意しました。正しい入浴法も、しっかりと教えていただこうと思います。早速ですが、寒い時期にはヒートショックは多くなるんでしょうか。

池谷 はい、温度差というのが大きな血圧の変動を引き起こします。

「危ないお風呂の入り方 ヒートショックを防げ」

久野 ヒートショックというのは、暖かい部屋から寒いお風呂場に入るときなどに急な温度差によって血圧が上下して重大な病気を引き起こすことを指します。入浴中にヒートショックを起こすなどして死亡した人の数は交通事故による死亡者の5倍以上、年間およそ1万9000人と推計されているんです。

右松 そんなに多いんですか。血圧が上下すると体には何が起きるんでしょうか。

池谷 高血圧というのは動脈硬化の最大の危険因子です。さらにヒートショックによる血圧の上昇が起こると、血管に傷がついて、血管が破れたり詰まったりして事故につながります。

右松 実際にヒートショックで起きる重大な病気というのは、脳出血、心筋梗塞などですけれど、まさにこのヒートショックのど真ん中の病気になるわけですね。

早坂 大体、心臓か脳の病気と言われていますよね。

id=20191204-027-OYTEI50007,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

久野 部屋と廊下や家の中と外の違いでも気温差はあるじゃないですか。そういったところでもヒートショックは起きるものですか。

池谷 例えば、ごみ出しに出て倒れてしまう方もいらっしゃいますし、「ちょっとトイレに行ってくる」と、夜起きて、暖かい布団の中から寒い廊下を歩いてトイレで血管事故を起こしてしまうなんてケースもありますね。

1 / 7

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sinso_news_eye

深層ニュースFRIDAY
 「深層ニュース」は日本テレビ・BS日テレ・読売新聞が共同制作し、BS日テレで毎週月曜~金耀の午後10時から放送。金曜日は、人生100年時代を幸せに過ごすカギとなる健康やお金をテーマに展開している。 番組サイトはこちらをクリック

深層NEWSフライデーの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事