文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

教えて!ヨミドック

医療・健康・介護のニュース・解説

頭のシラミってまだいるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

子どもに寄生 流行も

頭のシラミってまだいるの?

   保育園でアタマジラミが発生したと聞いたよ。シラミってまだいるの?

  ヨミドック  国立感染症研究所が2006年にインターネットを使って調べ、アタマジラミは約83万世帯で発生していると推計されました。

   そんなに?

   戦後の一時期、駆除のための薬剤が使われ、アタマジラミは激減しました。ただ1970年代にこの薬剤の販売が禁止になり、80年頃に各地で発生し、その後も続いているんです。洗われていない衣類に寄生する別のシラミもいますが、アタマジラミは清潔にしていても寄生するので、区別が必要です。

   そもそもアタマジラミって、何者?

   人の髪の毛に寄生する昆虫です。メスの成虫は最長1か月の寿命で100個くらいの卵を産みます。1ミリ足らずの卵は、1週間でかえり、約10日の幼虫の期間を経て3~4ミリの成虫になります。人の血を吸って皮膚にかゆみを起こします。

   うつるの?

   アタマジラミは羽がないので飛べませんが、接触した髪の毛を伝ってうつります。頭を寄せ合っての昼寝や遊びをする園児、小学生の間で流行しやすいんです。ブラシやマフラーの共有でも広がります。

   見つけるには?

   後頭部や耳の後ろ周辺の、髪の根元付近を見てあげて卵を探しましょう。虫眼鏡越しに見ると、涙の滴のような形をしています。

頭のシラミってまだいるの?

   見つけたらどうすればいいの?

   駆除用のシャンプーを使用します。卵には効き目がありません。幼虫や成虫の駆除のため、3日に1度、約10日間使います。シャンプーが効かなかったり肌に合わなかったりする場合は、目が細かいくしですき、卵や虫を取り除く方法があります。薬局やインターネットで買えます。

   それで万全?

   きょうだいにも寄生している恐れがあるので、かゆみがなくても、きょうだいも見てあげてください。ブラシなどは共有を控えましょう。さらに55度以上の湯に5分以上つければ、死滅させることができます。

 (米山粛彦/取材協力=冨田隆史・国立感染症研究所主任研究官、矢口昇・豊島区池袋保健所衛生害虫専門担当)

 ヨミドックは読売新聞の医療サイト・ヨミドクターのお医者さんキャラクターです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

教えて!ヨミドックの一覧を見る

最新記事