文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

心のアンチエイジング~米寿になって思うこと 塩谷信幸

医療・健康・介護のコラム

幸せをもたらすのは熱中…定年退職後に新しい分野を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
幸せをもたらすのは熱中…定年退職後に新しい分野を

 数学者でノーベル賞受賞者でもあるバートランド・ラッセルには色々な著作がありますが、中でも「幸福論」は一般の方にも人気がある本の一つで、内容は全て「心のアンチエイジング」に通じるものがあります。そして、ラッセルが「幸せをもたらすもの」の一つとして、まず挙げている言葉が「熱意」です。ですが、よく読むと、むしろ「熱中」と言ったほうが良いかもしれません。周りのことはすっかり忘れ、ある一つのことに夢中になった状態ですね。

子供の頃はだれでも経験した夢中になる感覚

 これは子供の頃はどなたでも経験した心境ではないでしょうか。例えば男の子の多くが一度は夢中になる昆虫採集。僕の場合は天文学でした。星座表を手にして、夜空を眺める。そしてプラネタリウムに日参する。四六時中そのことばかり考えて、他のことは頭に入らない。小学生ならそれが許されました。しかし、小学生の頭ではあるところまで行くと、学力がついていかない。そして、興味の対象は移っていきます。

 中学に入ってからは化学の実験でした。家のガレージの2階を実験室にして、当時手に入る試薬類をかたっぱしから入手し、中学1年のレベルでできる実験を総なめしました。こうして、ただただ夢中で打ち込めることは、確かにラッセルの言うように幸せな状態でした。

 高校、大学と進むにつれ、現実的になっていきます。専門を選ぶにあたっても、これで食えるかどうかという、動機が優先します。僕の場合は食いっぱぐれがなかろうと 親父(おやじ) の職業、つまり医師の道を選びました。こうして確たる目的意識もなく医学部に入ったので、授業になじめず、これでいいのかと悩んだことを今思い出します。

 ですが、医業の良いところは、いったん患者さんを診るようになると、医師としての自覚が生まれ、仕事に意義を感じるようになることです。そして、さらに形成外科に魅せられ、65歳の定年まで無事勤め上げることができました。

サラリーマンのアンチエイジングは定年退職後が問題

 これが普通のサラリーマンですと、ポストによってそれぞれに仕事の面白さがあると思いますが、いつも希望通りというわけにはいかないでしょう。そして、定年が来れば職場を去らねばなりません。心のアンチエイジングの立場からの問題は定年後にあります。ことに日本の場合、企業人は現役の時は会社が全ての会社人間で、それを奪われるとぽっかり穴が開いてしまうのではないでしょうか。

 そこでどう生きがいを見いだすか。つまり、高齢期のQOLをどう保つかですね。そこで役に立つのが、一つは趣味の世界です。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

shioya_prof

塩谷信幸(しおや・のぶゆき)

1931年生まれ。東京大学医学部卒業。56年、フルブライト留学生として渡米、オールバニ大学で外科および形成外科の専門医資格を取得。64年に帰国後、東京大学形成外科、横浜市立大学形成外科講師を経て、73年より北里大学形成外科教授。96年より同大学名誉教授。日本形成外科学会名誉会員、日本美容外科学会名誉会員。NPOアンチエイジングネットワーク理事長、日本抗加齢医学会顧問、アンチエイジング医師団代表としてアンチエイジングの啓蒙活動を行っている。

心のアンチエイジング~米寿になって思うこと 塩谷信幸の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

四朗

3回の定年

本業の定年は、六十歳になった3月31日、再雇用の定年?が六十三歳の3月、家内の事業所の事務職を七十七歳まで。その後が趣味の生活。少年時代から憧れ...

本業の定年は、六十歳になった3月31日、再雇用の定年?が六十三歳の3月、家内の事業所の事務職を七十七歳まで。その後が趣味の生活。少年時代から憧れていた合唱、姉からはオーでションがあるから無理と言われたいた。アマチュアで十分と考え、いや、楽譜が初見で読めない私は、アマチュアでも大変。テナーでもバスでも十分な声はでない。結経重低音が出ないバスに決まった。よき指導者に恵まれ、練習日の土曜日が待ち遠しい。嬉しいことがあった。音大出のテナーの人と私とで浜辺の歌の2重唱を歌ったときのこと。倍音が聞こえるみごとな演奏だと褒めて戴いた。幾つになっても褒められれば嬉しい。合唱は、生活に潤いと活力を生み出す。また、ご近所の高齢者を集めて「童謡と唱歌を歌う会」を立ち上げ、毎月1回昔を懐かしみながら、歌とおしゃべりに花が咲く。それまで杖を使っていた人が、杖なしで歩けるようになった産物もあった。老人会から補助金がいただけるまでになった歌謡会、頼りにされることが、私を元気にさせてくれる。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事