文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

群大 改革に挑む(4)カルテ閲覧 患者に安心感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
群大 改革に挑む(4)カルテ閲覧 患者に安心感

父(右)と入院当時のメモを読み返す横山さん。「職員の方たちが皆すごく頑張っているのがよくわかった」と話す(前橋市内で)

 〈入院中のカルテの共有(閲覧)ができます〉

 群馬大学病院には、あちこちの掲示板にこの貼り紙がある。入院患者と家族に「カルテ共有システム」を活用するよう促すものだ。患者に説明が不十分なまま肝胆 すい 外科の高難度手術が行われ、死亡が続発した医療事故を教訓に、今年から導入された。

 このシステムを使うと、患者と家族は入院中、電子カルテを自由に見ることができる。東京都内に住む横山典恵さん(40)は、前橋市の実家の父(66)が今年5月に入院してまもなく登録した。

 父は肝臓がんがわかり、6月に手術を受けた。長年、C型肝炎を患い、薬でウイルスは消えたものの、肝硬変から肝臓がんに進行していた。

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額200円(税抜き)です。
一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたします。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事