文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

群大 改革に挑む(1)「白い巨塔」が様変わり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
群大 改革に挑む(1)「白い巨塔」が様変わり

訪問看護師らにフラメンコ風のダンスを披露する田中さん(前橋市の自宅で)

 入院中、いつも朝が楽しみだった。

 前橋市の田中加津江さん(89)は、群馬大学病院に入院した昨年10月から1か月半ほどの間、肝胆 すい 外科教授・ 調憲しらべけん さんの回診を心待ちにしていた。

 「話しかけられると、なぜだかほっとしました」

 10年ほど前にも別の病気で入院したことがある田中さんは、病院の変化に驚いてもいる。当時の教授回診といえば、触れが回ると、横になっている患者も身を起こしてかしこまり、苦痛に感じることもあった。

 「『白い巨塔』みたい」。大学病院を舞台にした小説を思い出した。教授が部下を引き連れて患者を巡回する回診は一般に、権威的な大学病院のイメージがある。調さんは患者の体調に合わせ、具合の悪い人には自分が姿勢を低くして声をかけ、「患者を思いやる温かみが伝わってきた」という。

 田中さんは「群大は前と全然違います」と話す。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事