文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

森本昌宏「痛みの医学事典」

医療・健康・介護のコラム

骨粗鬆症予防 閉経後にカルシウムは効果薄…女性を救うのはあの伝統食!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 ギックリ腰の原因として挙げておかなければいけないものに「 骨粗鬆症(こつそしょうしょう) 」がある。骨粗鬆症とは読んで字のごとく、骨が「粗く」、大根に「 () 」が入ったような状態になることを指す。「体」は正字で「體」と書くように、本来は豊かで強固な骨によって支えられている。骨が老化とともに徐々にもろくなるのはやむを得ないが、それが正常範囲を超えて進行するのが骨粗鬆症なのだ。

「落穂拾い」の痛々しさ

 今や、この骨粗鬆症の患者さんは1000万人を超え、さらに増加の一途にある。圧倒的に中高年の女性に多い。これには、女性の骨が元来 華奢(きゃしゃ) であること、閉経後の女性ホルモン(エストロゲン)の分泌低下などが影響している。また、副腎皮質ステロイド薬を使用している方、甲状腺機能に障害がある方でも、本症を生じることが多い。

 骨粗鬆症になると、さまざまな部位で骨折を起こしやすくなる。3大骨折と呼ばれる「脊椎圧迫骨折」「とう骨遠位端骨折」「 大腿(だいたい)頸部(けいぶ) 骨折」などである。なかでも脊椎圧迫骨折の発生頻度が高い。たとえば、尻餅をついた後、急に起きる背中の痛みや腰痛は、背骨が瞬間的につぶれ、骨の周囲にある神経が刺激されたのが原因である。

 一方、慢性的な背中~腰の痛みの原因は、背骨の変形である。もろくなった背骨が日常動作により徐々につぶれ、身長が縮んだり、背骨が曲がって 前屈(まえかが) みの姿勢(脊柱後 彎曲(わんきょく) と呼ぶ)となったりする。前屈みの姿勢では、上半身を持ち上げようと背中の筋肉が異常に緊張し、筋肉内の血の流れが悪くなり、神経が悲鳴をあげるのである。

 この前屈みの姿勢による体への負担に関しては、ミレ-の「落穂拾い」の絵を思い浮かべていただきたい。激しい労働に耐えている姿が痛々しく、背景の豊かな収穫がそれを際立たせている。わが国においても、機械化が進んでいなかった時代には、農村の多くの女性が、この絵に描かれたような姿勢で長時間働き、慢性的な背中~腰の痛みに悩んでいたことは想像に難くない。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

morimoto-masahiro

森本 昌宏(もりもと・まさひろ)

 大阪なんばクリニック本部長・痛みの治療センター長。
 1989年、大阪医科大学大学院修了。医学博士。同大学講師などを経て、2010年、近畿大学医学部麻酔科教授。19年4月から現職。日本ペインクリニック学会専門医、名誉会員。日本東洋医学会指導医。著書に『ペインクリニックと東洋医学』『痛いところに手が届く本』ほか多数。現在、大阪市北区の祐斎堂森本クリニックでも診療中。

森本昌宏「痛みの医学事典」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事