文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ウェルネスとーく

コラム

[女優 趣里さん](下)舞台も映画もテレビも、「一回一回本気でやって、何かを届けたい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 舞台、テレビ、映画で活躍する女優の趣里さん。現在、東京・世田谷パブリックシアターで、作家・坂口安吾の作品を基にした「風博士」という舞台に出演中です。女優として成長してきた趣里さんに、仕事のほか、生活ぶりについても聞きました。(聞き手・渡辺勝敏、撮影・小林靖)

見た方からお手紙をいただくと励みになる

――デビューは20歳の時、テレビの「3年B組金八先生」(TBS)のスペシャルでしたが、その後はテレビ、舞台、映画で幅広く活躍していますね。

 テレビは、お芝居をしてもどこが使われるか分かりません。それが放送されるので、本当にシビアな世界だと思います。ワンシーン、ワンシーンが勝負というか、瞬発力や対応力が試されている感じです。監督やスタッフさん、相手役の方々と創り上げていくのは、緊張感があって、面白いと思います。お芝居の仕事という意味では、テレビも映画も舞台も違いはありません。

――2016年のNHKの「とと姉ちゃん」で知名度が上がりましたね。

 あまりそういったことを意識するタイプではありませんが、ご覧になった方からお手紙をいただくことがあると、励みになってうれしいですね。エンターテインメントの世界で生きているわけですから、何かが届いたんだなと思うと、原動力になりますね。映画もテレビも舞台も一回一回本気でやって、見て下さる方に届けたいと思っています。

健康管理はビタミンC、ストレッチは習慣

――今回は1か月半の舞台ですが、長い舞台では健康管理にも気を使いますね。

 風邪の予防は必須です。ビタミンCを飲んで、手洗いとうがいはもちろん、なるべく毎日湯船につかって、体を解放するように心がけています。舞台によっては、けがにも注意が必要なので、体をほぐすために、整体とかマッサージにも行きますね。

 バレエをやっていたので、ストレッチは当たり前に毎日やっていました。今でもお風呂上がりや、台本を読みながら、気がついたらベッドで足を上げてやっています。癖みたいなものですね。

――食事にも気を使っていますか。

 ドラマの仕事があると、時間が不規則なので、仕事中は軽いもので済ませています。エネルギーは必要なので、本番2時間前にバナナなどを食べます。お (なか) がいっぱいになると、眠たくなって集中力が途切れてしまうので、仕事が終わったらおいしいものを食べるぞと思って、頑張ります。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wellnnesstalk1-200

ウェルネスとーく

 あの人が、いつも生き生きしているのはなぜだろう。

 健康、子育て、加齢、介護、生きがい…人生の様々なテーマに向き合っているのは、著名人も同じ。メディアでおなじみの人たちが、元気の秘密について語ります。

ウェルネスとーくの一覧を見る

最新記事