文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

インフルエンザ「流行入り」、新型時除き最も早く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 厚生労働省は15日、インフルエンザが流行入りしたと発表した。4~10日に全国約5000か所の医療機関から報告された患者数が、1医療機関あたり1.03人となり、流行の目安となる1人を超えた。現在の集計方法になった1999年以降では、新型インフルエンザが流行した2009年を除いて最も早い流行入りとなった。

 発表によると、都道府県別では、沖縄(4.45人)、鹿児島(2.66人)、青森(2.48人)の順に多く、北海道や広島、東京なども合わせ計18都道県で1人以上になった。

 今年は、9月に2週連続で1人を超えた。だが、沖縄が50人超と突出していた影響が大きく、厚労省は流行入りの発表はしなかった。その後、沖縄は患者が減ったが、全国的には1人に近い状況が続いていた。今回、1人を超え、厚労省は「全国的に流行が広がっている」と判断した。

 各地では、学校の休校や学級閉鎖なども報告されている。10日までの1週間は115施設に上り、前年同期の2.5倍になっている。

 現在、検出されているウイルスは、A型の一つで、09年に新型として流行したH1N1型がほとんどだ。厚労省は、予防接種を受け、せきやくしゃみが出る時は、マスクを着用するよう呼びかけている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事