文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

胆管の腫れで経過観察

 超音波検査(エコー)で「胆管が腫れている」と説明されました。昨年診てもらった時にも同じくらいの腫れがあり、様子をみて1年後に再び検査を受けることになりました。生活や食事などの注意点も教えてください。(70歳女性)

規則的な食事 結石防ぐ

露口利夫 千葉県立佐原病院長(香取市)

 胆管は、肝臓で作られた胆汁を十二指腸に流す管です。腫れているとの指摘は、管の直径が太くなっていることを意味します。

 胆汁が結石になって詰まったり、 狭窄きょうさく と呼ばれる狭い部分ができたりすると、胆汁の流れが悪くなります。これにより、胆管の上流部分は太くなります。また、胆のうに結石があれば、胆のう炎や胆管炎などを起こすことがあり、これが原因で胆管も太くなることがあります。

 エコーでは、胆管の直径は7ミリくらいまでが正常とされます。高齢者は若干太くなります。質問者の場合は、正常よりもやや太いものの、1年前と同程度なので、翌年まで様子をみることにしたと考えられます。

 1年前より太くなっていたり、肝機能障害が出ていたりしたら、結石や狭窄を疑い、コンピューター断層撮影装置(CT)や磁気共鳴画像装置(MRI)を使った精密検査を勧められたでしょう。

 胆汁は、脂肪の吸収を助けるために食事を取るごとに十二指腸に流れ出てきます。ただ、食事を抜いたり、長時間取らなかったりすると、胆のう内で胆汁が濃縮されて結石となります。

 胆汁の自然な流れを保つためには、まず結石を防ぐことが重要です。日頃からバランスの良い食事や、規則正しい生活を心がけてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額200円(税抜き)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。