文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

「世界糖尿病デー」、都庁舎が青にライトアップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
「世界糖尿病デー」、都庁舎が青にライトアップ

「世界糖尿病デー」に合わせて青色にライトアップされた東京都庁第一本庁舎(14日夜、東京都新宿区で)=菅野靖撮影

 「世界糖尿病デー」の14日、東京都新宿区の都庁舎が、啓発のシンボルカラーの青色にライトアップされた。

 世界糖尿病デーは、糖尿病治療に使うインスリンを発見したカナダ人医師の誕生日にちなんで国連が2006年に制定したもので、世界各地で啓発イベントが行われている。都庁舎のライトアップは15日の午後6時~同11時にも行われる。

 厚生労働省の推計によると、糖尿病の可能性が疑われる人は全国で1000万人を超えるとされ、都の担当者は「糖尿病の正しい知識と予防の大切さを知ってもらえれば」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事