文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

深層NEWSフライデー

医療・健康・介護のニュース・解説

「ちょい忘れ」は認知症の始まり? その原因、深刻度、改善策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

脳の老化度を10項目でチェック

久野 今回は朝田さんに監修していただきました脳の老化度テストを受けてみましょう。テレビの前の皆さんもぜひチェックしてみてください。

「ちょい忘れ」は認知症の始まり? その原因、深刻度、改善策

久野 さあ、皆さん、一斉に出してみましょう。館林さんは四つですね。同じ商品を買ってしまうことってありますよね。

館林 冷蔵庫の中身が卵ばかりになったりします。

久野 右松さんは五つですか。気になるのが「水道水を出しっぱなしにする」。

右松 これは、歯を磨いているときに、気づいたら水がずっと出っぱなし、出しっぱなしになっていて、出ているなと思いながらも止めないままやり過ごすというのが結構あります。

久野 だらしないだけじゃないんですか。

右松 紙一重ですよね。確かに。

久野 これは一番要注意な人っていますか。朝田さん。

朝田 皆さん、要注意ですね。年齢の割には数もそうですし、やはり満遍なく散っていますでしょう。例えば、同じ話を繰り返すなんていうのは、別に認知症と関係なく、自分の気になっていることは何回でも聞くんです。聞いた答えを忘れちゃって、そうはいってもあれどうなったかなっていうことがありますね。それから会計時に小銭を使わなくなったというのは、本来は集中力とか瞬間の計算力のテストなんです。だけど、今キャッシュレスになってきている中で、そもそもそういう機会は減ってきますよね。

 それから、やはり気になるのは、認知症というのは記憶の病気だと言われるけれども、例えば、お化粧をしないとか外出しないとかというのは、まあいいか、面倒くさいみたいなことですよね。そういう意味で、ちょっと嫌だなとは思いました。

英語に比べて漢字は難しい 障害が出やすい可能性

右松 私は漢字が最近出てこなくて、漢字の漢という字も出てこないときがあります。スマートフォンとかパソコンの普及で、漢字を書くことが減ってきているなかで、読むことはできるんだけれども、ちょい忘れで、書こうと思うと書けない、こういうことはどう思われますか。

朝田 これはよく経験することです。私なんか若いころからよくやるんですけれども、漢字というのは1回迷い出すと、一生懸命書けば書くほど変な感じがします。でも、ある程度時間が来たら簡単に思えるんですね。逆に言うと、日本人とか中国人の頭頂葉の機能が発達しているとか、デッサン力がいいという専門医もいるんです。英語はABCDの繰り返しでしょう。それに対して漢字というのはデザインです。デッサンです。「薔薇ばら」なんて思い出してみてください。書けますか。

右松 書けないです。

朝田 あれを思い出し、かつバランスよく書くというのは相当、西洋人に比べてある種の脳を使っているということは言われます。だけど、それだけに、逆に難しいことをやっているから、衰えが出てくると最初に障害を受けるかもしれません。

右松 そういうものなんですね。

外に出て人と交流 最高の脳の使い方

久野 私が気になるのが、先ほどもお化粧の話がありましたけれども、ふだん全くお化粧をしなくて、もともと外出しないんですが、そういうのは危ないのでしょうか。

朝田 人間の脳には、記憶とか集中力とか方向感覚とかありますが、それは結局、人間というのは社会的な動物だから社会の中で生きていくためにあるんです。そのためのものが知能です。それだけに、むしろ外に出ていって人と交流する、おしゃべりする、これこそ最高の脳の使い方とも言われます。

右松 それに関連してですが、「趣味が楽しめなくなった」というのは、どう考えればいいんでしょうか。

工藤 これは一概に認知症の始まりとは言えませんが、朝田先生のご専門のように、精神科領域では、ご高齢になってきたときのうつのチェックなどに使われますよね。気持ちが落ち込んでくると脳の活動も落ちてきますから、そのまま、うつから認知症の方へつながっていってしまうということであって、認知症の入り口としての軽い気持ちの落ち込みはチェックすべきポイントだと思いますね。

館林 私は、若いときはなかったんですけれども、外出するときに、もう一回戻って、ガス栓閉めたかなとか、もう一回玄関に戻ったりすることが増えてきたんですけれども、これも危険な信号なんでしょうか。

朝田 いや、それはいいなと思います。なぜかというと、ジャーナリストの人に多いと思いますが、非常に ()(ちょう)(めん) で、自分が失敗をすると、またやらないかということを日々深く心に刻まれるんです。そういう意味で、いい習慣だと思います。

人の名前を覚えるには……連想法

右松 人の名前がなかなか思い出せなくなるという話でいうと、人の名前をすぐに思い出すコツとか ()(けつ) というのはありますか。

朝田 一般的には連想法があります。私なんかも日々当てはまるんですけれども、人の名前って思い出そうとしてもヒントがないんです。だから、例えば、あの人は何県の人だったとか、こんな商売をやっている人というのはすぐ思い出せますが、姓、名というのは全くヒントなく、何の脈絡もなく思い出さなくちゃいけない。そこが、ほかの様々なものの想起の仕方、思い出し方と違うと思います。

久野 例えば、どういうふうに名前を覚えればいいでしょうか。

朝田 例えば、あの人は石川県の人で「海野さん」だったよね。だから、日本海、きれいだねみたいな、そんなイメージです。

久野 つなげて覚えるということですね。

右松 工藤さん、朝田さんからの連想法というのがありましたけれども、ほかには?

工藤 僕も全く覚えられないです。だから、頂いた名刺に例えば顔写真が載っていると、非常にありがたいです。

2 / 5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sinso_news_eye

深層ニュースFRIDAY
 「深層ニュース」は日本テレビ・BS日テレ・読売新聞が共同制作し、BS日テレで毎週月曜~金耀の午後10時から放送。金曜日は、人生100年時代を幸せに過ごすカギとなる健康やお金をテーマに展開している。 番組サイトはこちらをクリック

深層NEWSフライデーの一覧を見る

<PR情報>

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事