文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

「教えて!ドクター」の健康子育て塾

コラム

子どもの「指しゃぶり」 やめさせた方がいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 子どもの「指しゃぶり」はさせていいのか、やめさせた方がいいのか。「おしゃぶり」はよくないのか。診察室で聞かれることは多くありませんが、出前講座に行った先で相談されることは結構あります。

 「病気じゃないので、病院で聞くのも……」と思うのかもしれません。しかし、医療者が思っている以上に、不安に思う保護者は多いのでしょう。ネットで調べると、色々な意見が出てきて、余計に迷います。

 この問題については、以前から、「自然に改善するから様子を見てよいのでは」という小児科医と、「歯並びに影響が出るから、極力、早めに対応しなくてはいけない」という歯科医でアドバイスに温度差がありました。そのため、保護者が相談しても、より混乱してしまうと言われてきました。

 そこで2003年、小児科医と小児歯科医の意見を調整する場として「小児科と小児歯科の保健検討委員会」が発足し、以来、共同で小児科医と小児歯科医の総意としての見解を公表してきました。その成果をまとめた「子どもの歯と口の保健ガイド」※1)が09年に作られています(2019年に改訂)が、その内容は、あまり一般の人に知られていません。

 今回はおしゃぶりや指しゃぶりへの対応について、この保健ガイドの内容を踏まえてお話しします。

子どもの「指しゃぶり」やめさせた方がいいの?

イラスト:江村康子

正常な発達の一部

 赤ちゃんの指しゃぶりは、お母さんのおなかの中にいる在胎24週頃からみられることが知られています。超音波エコーなどで、しゃぶっている様子を産婦人科の先生に教えてもらった方もいるかもしれません。生まれてすぐに母乳を飲むための準備ともいわれており、これは正常な発達の一部ともいえます。

 正常な発達の一部とはいえ、デメリットもあります。それは、前歯が前に出る(いわゆる「出っ歯」)ことや、 開咬(かいこう) (口を閉じても上下の前歯の間に隙間ができる)など、歯並びに影響が出る可能性があることです。口呼吸、舌足らずな発音などの要因になる可能性も指摘されていて、指を吸う頻度が高かったり、長期間にわたる場合などでは、より影響が出るかもしれません。

 また、汚れた指をなめることで、「感染症になりやすいのでは?」と思われるかもしれません。指しゃぶりで爪周囲炎など、指に感染症を起こしたという報告はありますが、調べた限りでは、指しゃぶりをしている子が胃腸炎や肺炎にかかりやすいという報告はなさそうです。

3歳までは見守りの姿勢でいい

 「うちの子、まだ指しゃぶりしている、どうしよう!」と思っている人がいるかもしれません。でも、ご安心ください。指しゃぶりの頻度は、年齢とともに下がっていくことが分かっています。1歳半で指しゃぶりをするお子さんは約30%ですが、3歳児では20%、5歳になると10%というデータがあり※2)、自然に改善することが多いのです。減っていく理由ははっきり分かりませんが、「子どもの歯と口の保健ガイド」には、指しゃぶりをしていると、「つかまり立ち」「伝い歩き」「一人歩き」などの発達過程がスムーズにいかないためではないかという記載があります。

 幼児期以降になると、昼間の指しゃぶりは減っていき、眠いときや退屈なときのみになっていきます。この傾向も、積み木を積んだり、人形を抱っこする行為が指しゃぶりの卒業と関係しているのではないかと考えられています。

 このように、指しゃぶりは通常4~5歳になるとかなり減るとされていて※3)、「子どもの歯と口の保健ガイド」でも、3歳までは基本的に見守りの姿勢でよいとしています。4~5歳を超えても続く場合には対応を検討します。6歳以降も頻繁に指しゃぶりしている場合は、自然に消失しないことも分かっており、小児科医・小児歯科医・臨床心理士に相談した上で積極的に対応することになります。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20190204-msakamoto-prof200

坂本昌彦(さかもと・まさひこ)
 佐久総合病院佐久医療センター・小児科医長
 2004年名古屋大学医学部卒。愛知県や福島県で勤務した後、12年、タイ・マヒドン大学で熱帯医学研修。13年、ネパールの病院で小児科医として勤務。14年より現職。専門は小児救急、国際保健(渡航医学)。日本小児科学会、日本小児救急医学会、日本国際保健医療学会、日本国際小児保健学会に所属。日本小児科学会では小児救急委員、健やか親子21委員。小児科学会専門医、熱帯医学ディプロマ。現在は、保護者の啓発と救急外来の負担軽減を目的とした「教えて!ドクター」プロジェクトの責任者を務めている(同プロジェクトは18年度、キッズデザイン協議会会長賞、グッドデザイン賞を受賞)。

「教えて!ドクター」の健康子育て塾の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事