文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

僕、認知症です~丹野智文45歳のノート

コラム

デイサービスで歌うなら、ブルーハーツがいい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

音楽療法で「君が代」

 先日、ある精神科病院で、認知症の人たちの音楽療法を見学する機会がありました。そこで歌っていたのが、なんと「君が代」だったのです。

 高齢者のレクリエーションで定番となっている唱歌や童謡も、普段の生活では、ほとんど耳にしたり口ずさんだりすることはありません。もう平成も終わったというのに、介護の世界では、相変わらず昭和(それも、初期)の曲を歌い続けているのは、何だかちょっと不思議な気がするのです。

懐かしのアイテムで盛り上がる

 昔の生活を思い出す「回想法」は、高齢者の心の癒やしや脳の活性化につながるといわれています。昔の歌を歌うのは、この回想法と同じ効果を狙っているのかもしれません。

 でも、それって参加する人たちは楽しんでるのかな。楽しさよりも、効果に期待して、頑張ってやってるんじゃないのかな。そんなふうに思っていました。

 知人にそう話すと、「丹野さんはまだ若いから、ピンとこないのかもしれないけど、高齢者同士では、子供のころのブームとか、愛用してたグッズの話になると、『そうそう、懐かしいね~』って、ものすごく盛り上がるんです」という答えが返ってきました。そして、「丹野さんだって、学生時代に好きだったアイドルとかバンドとか、あるでしょう? 同世代の人とそういう話題になったら、きっと会話が弾みますよ」というのです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

tanno_200eye

丹野智文(たんの・ともふみ)

 おれんじドア実行委員会代表

 1974年、宮城県生まれ。東北学院大学(仙台市)を卒業後、県内のトヨタ系列の自動車販売会社に就職。トップセールスマンとして活躍していた2013年、39歳で若年性アルツハイマー型認知症と診断を受ける。同年、「認知症の人と家族の会宮城県支部」の「若年認知症のつどい『翼』」に参加。14年には、全国の認知症の仲間とともに、国内初の当事者団体「日本認知症ワーキンググループ」(現・一般社団法人「日本認知症本人ワーキンググループ」)を設立した。15年から、認知症の人が、不安を持つ当事者の相談を受ける「おれんじドア」を仙台市内で毎月、開いている。著書に、「丹野智文 笑顔で生きる -認知症とともに-」(文芸春秋)。

僕、認知症です~丹野智文45歳のノートの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事