文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

心療眼科医・若倉雅登のひとりごと

医療・健康・介護のコラム

ロービジョン者の新しい生き方を描く「ビジョンパーク」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
ロービジョン者の新しい生き方を描く「ビジョンパーク」

ビジョンパークの模型。施設には五つのエリアが配置されている

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)を用いた「網膜色素上皮」(網膜組織の一部)の移植など、網膜再生臨床研究で有名な神戸市立神戸アイセンター病院。外来を利用する人は、道筋にある「ビジョンパーク」と呼ばれる空間を必ず通ります。

 視覚に不自由のある人(以下、ロービジョン者)を対象にした施設だと知って、訪ねてみました。一見、楽しそうな空間ですが、実際には健常者でもつまずくという段差やスロープがあり、「アクティブエリア」「リラクゼーションエリア」「リーディングエリア」など五つのエリアが複雑な形に区切られていました。利用したり、通過したりするのに、わざと難しく、しかし楽しい空間として設計されているのです。

 視覚障害者や支援者だけでなく、視覚障害にはほど遠い一般の方や通院中の方も来訪してきます。

 ここには、二つの主たるコンセプトがあるようです。

 一つは、日常の生活空間にはこのパークのような危険な落とし穴がたくさんあり、それを克服することがロービジョン者として生活する第一歩だという考え方です。このパークでそれを体験し、克服すればロービジョンなんて怖くないというコンセプトです。

 もう一つは、とかく「視覚障害者」というと、つらいイメージが伴いますが、ある意味、それを 払拭(ふっしょく) しようという狙いです。

 このパークでは、 白杖(はくじょう) 体験だけでなく、最新の視覚支援機器の使用体験、ロービジョン者でも見やすい光視標を利用したクライミングウォールのような遊び心も入った体験などができます。視機能と切っても切り離せない「明るさ」もいろいろ調整できるコーナーもあります。

 このパークの運営に携わる公益社団法人NEXT VISIONの事務局長、山田千佳子社会福祉士は、「ここでは、一人で来て時間を過ごすこともできるし、料理教室など様々なイベントや講演会などもあります。パークを訪れた人同士で自然とつながりができるといった交流も盛んで、視覚障害者関連の当事者団体の方々が定期的に来られて、相談に乗ることもしています」と説明してくれました。

 視覚障害者はこうでなければいけないという、古くからの暗黙の了解が日本にはありました。たとえば、 (はり)(きゅう) 、マッサージの三療法は、視覚障害者の最適な職業だからそういう専門学校に行くべきだとか、危ないし、人に迷惑をかけるようなことがあるから外出は控えるべきだとか、今でも視覚障害になったらパソコンなどの利用が必須の事務職に就くのは無理だと思っている人もいます。

 時代が進み、人の考え方は多様化し、新しい視覚支援機器やアプリケーションが続々登場するようになれば、ロービジョン者の世界も変化して当然です。

 ビジョンパークは新しい風、時代を感じさせる施設でした。こんな施設が、各自治体にできたら、視覚障害者のイメージは様変わりし、ロービジョン者にとってはすごく生きやすい社会になるだろうと思いました。

 (若倉雅登 井上眼科病院名誉院長)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

201505_第4回「読売医療サロン」_若倉

若倉雅登(わかくら まさと)

井上眼科病院(東京・御茶ノ水)名誉院長
1949年東京生まれ。北里大学医学研究科博士課程修了。グラスゴー大学シニア研究員、北里大学助教授、井上眼科病院副院長を経て、2002年から同病院院長。12年4月から現職。日本神経眼科学会理事長、東京大学医学部非常勤講師、北里大学医学部客員教授などを歴任。15年4月にNPO法人「目と心の健康相談室」を立ち上げ副理事長に就任。「医者で苦労する人、しない人 心療眼科医が本音で伝える患者学」、「絶望からはじまる患者力」(以上春秋社)、「心療眼科医が教える その目の不調は脳が原因」(集英社)、医療小説「茅花流しの診療所」、「蓮花谷話譚」(以上青志社)など著書多数。専門は、神経眼科、心療眼科。予約数を制限して1人あたりの診療時間を確保する特別外来を週前半に担当し、週後半は講演・著作活動のほか、NPO法人、患者会などでのボランティア活動に取り組む。

心療眼科医・若倉雅登のひとりごとの一覧を見る

<PR情報>

最新記事