文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

リハビリ新潮流(5)難聴児の訓練 遠隔指導で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
リハビリ新潮流(5)難聴児の訓練 遠隔指導で

画面に映る北野さんと、遠隔でリハビリに励む。A子ちゃん(手前)の耳には人工内耳の機器が装着されている

 テレビの向こうから呼んでいる。

 「歌ってみて。トントントントンアンパンマン♪」

 埼玉県の自宅リビングにいたA子ちゃん(1歳10か月)は視線を向けたが、歌おうとしない。遠隔で聴覚指導する北野庸子さんは、母親のB子さん(34)に語りかけた。「気分が乗らないみたいだから、先にお母さんと話しましょう」

 北野さんが理事長を務める「信州きこえとことばのセンター やまびこ」(長野市)は、先天性難聴の子どもを支援するNPO法人だ。離れた地域の親子には、インターネットでつないだ遠隔指導も行っている。

 A子ちゃんは生後すぐの聴覚検査で、両耳とも先天性の難聴と指摘された。でも、病院で詳しい説明はない。いつか聞こえるようになるの? 会話できるのかな? 結婚への影響は? 不安でいっぱいになった。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事