文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット

ピーマン バンバンジー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、さっぱりとした味で野菜をたくさん食べられるレシピ「ピーマン バンバンジー(棒棒鶏)」のご紹介です。

 ゆでた鶏むね肉や鶏ささみなどのさっぱりとした部位が合います。ゴマだれとの相性が抜群。さっぱりしたお肉にコクのあるクリーミーなゴマだれは、本当においしいですよ。さらに、今回はそこにピーマンを入れていきます。ピーマン独特の味が絶妙にマッチします。

 実は、給食でバンバンジーを献立にする時は、野菜摂取の目的で、ピーマンを含めて多くの種類の野菜を入れるんです。そこで毎回思うのは、「ピーマンが入っている方がおいしい」ということ。実際に子どもたちにも「ピーマンおいしい!」と大好評です。

 さて、そんなピーマンには熱に強いビタミンCが含まれています。他にもカロテン、ビタミンE、カリウムが含まれています。ピーマンのにおい成分であるピラジンは血液や脳の健康に効果があると言われています。

 おかずとして食べてもおいしいですし、中華麺の上にのせてもおいしくいただけます。野菜をたっぷり食べて元気に過ごしましょう。

[作り方]

(1) 野菜はすべて千切りにする。フライパンでピーマンだけをゴマ油でいためる。

(2) 鍋でお湯を沸かし、鶏むね肉を弱火で約15分ゆでる。ゆでた鶏肉はスライスか棒状に切る。

(3) 調味料を合わせて、フライパンで一煮立ちさせる。

(4) お皿に鶏肉と野菜を盛り付け、調味料をかけて完成。

 (レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事