文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

「続・健康になりたきゃ武道を習え!」

コラム

空手を長く続けるには休む勇気も大切 体の故障は神様からのメッセージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「養生を学ぶ」「焦る気持ちを抑える」……先輩の助言

 この決断をするにあたり、上田さんは道場の先輩たちから助言をたくさんもらった。

 「養生を学ぶ」

 「焦る気持ちを抑える」

 「長い目で見て付き合う」

 「予防の大切さ」

 「無理せず休む決断」

 それぞれの先輩たちの言葉が、胸に深くしみた。

 上田さんは言う。

 「心肺機能の向上、筋肉の増加、身体の引き締まり、柔軟性の向上、気力・胆力の増強などなど、武道で健康になるのは間違いないのですが、同時に、気づかず酷使してしまう関節や筋肉は、しっかりケアしながら続けないとダメですね。これからできる限り長く、空手と付き合っていきたいですから」

 筆者(山口)も、まったくその通りだと思う。

 10代や20代と違い、40代以上になると次第に無理がきかなくなる。故障も増える。若いころみたいに思うように体が動かなくなり、疲労やけがから回復する時間もかかるようになる。

 そうなったら、武道を稽古するのがつまらなくなる? 

 そんなことは決してないのが、武道の素晴らしいところだ。

 たとえば空手で、相手と自由に突き蹴りを出して戦う「自由組手」が大好きで、情熱を傾けてガンガンやってきた人は、自分の体力的な衰えや回復の遅さに、寂しさを感じることもあるだろう。

年齢や心身の状態に応じた修行の仕方がある

 しかし、体力が衰えたら衰えたなりの戦い方がある。豊富な経験で磨いてきた技術と感覚、頭脳で、若い相手に勝てることもある。組手を卒業し、「型」の上達におもしろさを見いだすこともできる。あるいは、護身術としての技を磨くのも悪くない。もっと言えば、基本の突きだけをひたすら繰り返す。それでもいいのだ。中段突きを徹底的に磨き、極めれば、それは禅の境地に近い何かが得られるかもしれない。

 このように空手には、年齢や、その時々の心身の状態に応じた修行の仕方がある。一生続けられるのが空手、武道なのである。

 だからこそ、上田さんの先輩たちが助言したように、けがや病気の時は、思い切って休む。焦る気持ちを抑えて、養生した方がいいのだ。休む勇気を持つ、と言ってもいい。

 膝の故障は、彼女が「できる限り長く、空手と付き合って」いくための、神様のメッセージなのかもしれない。

 「恵比寿の演武には出ず、昇級審査も受けない」と決めた後、上田さんは整形外科でMRI(磁気共鳴画像)検査を受け、10月下旬に結果が分かった。

 診断は、「外側半月(板)損傷(水平断裂)」。膝関節の外側にある「半月板」という軟骨に似た組織が傷ついていたのだ。

無理せず休む 空手との「大人の付き合い方」

足の痛みを抑えて型の稽古に励む上田さん(9月下旬、代官山道場で)

足の痛みを抑えて型の稽古に励む上田さん(9月下旬、代官山道場で)

 ただの炎症かと考えていただけにショックだった。しかし40代、50代にもなると、これといったアクシデントがなくても、半月板がダメージを受けているケースは多いという。

 専門の医師2人に相談し、見解を聞き、自分の症状や状況と照らし合わせた結果、「無理せず、いたわりながら様子を見る」ことにした。

 右膝に違和感が生じてから約2か月が () った。両膝にサポーターをつけ、膝にかかる負荷を減らし、 (だい)(たい) 四頭筋(太ももの前の筋肉)を鍛える運動を続けていたら、日常生活の範囲内ではほぼ無理なく動けるようになった。でも、空手の稽古はもう少し症状が落ち着くまで休む。少なくとも年内は休会するつもりだ。

 「アラフィフの『大人の女性』として、空手との『大人の付き合い方』を学んだ気がします」

 来年にはきっと、代官山道場で上田さんの大きな気合が響いているはずだ。

 (上田さんの項は今回で終わり)
 (山口博弥 読売新聞編集委員)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yamaguchi_main3_400

山口 博弥(やまぐち・ひろや) 読売新聞東京本社編集委員

 1962年福岡市出身。1987年読売新聞社入社、岐阜支局、地方部内信課、社会部、富山支局、医療部、同部次長、盛岡支局長、医療部長を経て、2018年6月から編集委員。同年9月から1年間、解説部長も兼務。医療部では胃がん、小児医療、精神医療、慢性疼痛、医療事故、高齢者の健康法、マインドフルネスなどを取材。趣味は武道と映画観賞。白髪が増えて老眼も進行したが、いまだにブルース・リーを目指している。

「続・健康になりたきゃ武道を習え!」の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

最低限のフィジカルと基礎の先にあるもの

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

「相手のサイドバックからボールを奪うにはセンターフォワードの右足を狙う」とかサッカーの素人に言っても、理解不能でしょう。 同じ一般人に理解不能な...

「相手のサイドバックからボールを奪うにはセンターフォワードの右足を狙う」とかサッカーの素人に言っても、理解不能でしょう。
同じ一般人に理解不能なら、「CTの腹水の色から病変の部位を探し当てる」を遂行しろとか言われそうです。

そこにある個人の中の文脈、個対個の文脈、集団の文脈を考えると、常人からすればエスパーにしか見えないことができるということです。
サッカーでも、画像診断でも、どうやって実行フェーズまで体に染み込ませていけるか、仮にAIやITが発達しても、人間としての課題は残るでしょう。

格闘技も基礎ができたら、徐々に、戦術や心理のウエイトが大きくなってくるでしょう。
そのきっかけは、たいてい怪我やスランプです。
そして、そういうロジックや努力は半分共通で、それがスポーツや武道のもう一つの価値です。

僕もいくつかの故障がありますが、膝が一番堪えますね。
他の部位と違って、他の筋肉とかで誤魔化しにくいからかもしれません。
感情と酒量の制御が難しくて、整形外科疾患とメンタルヘルスやQOLについて考えさせられます。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事