文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

「続・健康になりたきゃ武道を習え!」

コラム

空手を長く続けるには休む勇気も大切 体の故障は神様からのメッセージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 10月6日の昼過ぎ。東京・恵比寿の恵比寿ガーデンプレイスは時折、小雨がぱらついていた。

 センター広場のステージに登場したのは、極真空手総本部代官山道場の道場生たち。子どもたちを中心に、基本の突きや蹴り、逆立ち歩行、開脚、型、自由組手、試し割りを披露した。 (れっ)(ぱく) の気合とともに繰り出す技の迫力に、集まった観客たちは大いに沸いた。

 毎年恒例のイベント「恵比寿文化祭」での一コマだ。

基本の蹴りを披露する子どもたち

基本の蹴りを披露する子どもたち
逆立ち歩行。体幹の筋力とバランス感覚が必要だ

逆立ち歩行。体幹の筋力とバランス感覚が必要だ
開脚ストレッチ。柔らかい!

開脚ストレッチ。柔らかい!
試し割り。1回では割れず、何度も挑戦。割れると、客席から大きな拍手送られた

試し割り。1回では割れず、何度も挑戦。割れると、客席から大きな拍手送られた

膝の痛みで演武のステージに出られず

客席からステージの仲間の演武を見つめる上田さん

客席からステージの仲間の演武を見つめる上田さん

 そのステージに、「極真空手LOVE」を公言する道場生、上田 (かなで) さん(46)の姿はなかった。いたのはステージではなく、客席の側。椅子に座り、仲間の演武を見ながら拍手を送っていた。

 「あ~、出たかったなあ~」

 上田さんの口から思わず、ため息が漏れた。

 実は、9月上旬から右膝に痛みを感じるようになっていた。歩けないほどの痛みではないが、何か違和感がある。空手の稽古で傷めた記憶はない。もしかしたら、愛用の自転車のスタンドを足で立てる動作で膝に負担がかかり、痛みにつながったのかもしれない、とも思ったが、本当のところは分からない。

 整形外科でマッサージを受け、 (はり) 治療も受けたら少し良くなったので、恵比寿文化祭の演武には出るつもりだった。何しろ入門して以来、演武には欠かさずエントリーし、先輩たちと一緒にステージに立っていたのだから。

多忙な中で年117回の稽古 右足の使い過ぎ

 この時の整形外科医の見立てによると、「右足の使いすぎ(過負荷)から来る疲労と捻挫で、膝関節の周囲が炎症を起こしている」らしい。

 悩んだ末、恵比寿の演武と、10月20日の昇級審査はパスすることに決めた。空手を始めて2年が過ぎていたが、初めてのことだ。

 「考えてみれば、当然なのかもしれません」

 長年、運動らしい運動をしたことのない人間が、いきなり年に117回も稽古に行って、組手では得意技である右の蹴りをバシバシ出していたのだから。しかも、渋谷で会社を経営し、自分1人で2人の子を育てる忙しさの中での稽古だ。膝が悲鳴を上げるのも無理はない、と思った。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yamaguchi_main3_400

山口 博弥(やまぐち・ひろや) 読売新聞東京本社編集委員

 1962年福岡市出身。1987年読売新聞社入社、岐阜支局、地方部内信課、社会部、富山支局、医療部、同部次長、盛岡支局長、医療部長を経て、2018年6月から編集委員。同年9月から1年間、解説部長も兼務。医療部では胃がん、小児医療、精神医療、慢性疼痛、医療事故、高齢者の健康法、マインドフルネスなどを取材。趣味は武道と映画観賞。白髪が増えて老眼も進行したが、いまだにブルース・リーを目指している。

「続・健康になりたきゃ武道を習え!」の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

最低限のフィジカルと基礎の先にあるもの

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

「相手のサイドバックからボールを奪うにはセンターフォワードの右足を狙う」とかサッカーの素人に言っても、理解不能でしょう。 同じ一般人に理解不能な...

「相手のサイドバックからボールを奪うにはセンターフォワードの右足を狙う」とかサッカーの素人に言っても、理解不能でしょう。
同じ一般人に理解不能なら、「CTの腹水の色から病変の部位を探し当てる」を遂行しろとか言われそうです。

そこにある個人の中の文脈、個対個の文脈、集団の文脈を考えると、常人からすればエスパーにしか見えないことができるということです。
サッカーでも、画像診断でも、どうやって実行フェーズまで体に染み込ませていけるか、仮にAIやITが発達しても、人間としての課題は残るでしょう。

格闘技も基礎ができたら、徐々に、戦術や心理のウエイトが大きくなってくるでしょう。
そのきっかけは、たいてい怪我やスランプです。
そして、そういうロジックや努力は半分共通で、それがスポーツや武道のもう一つの価値です。

僕もいくつかの故障がありますが、膝が一番堪えますね。
他の部位と違って、他の筋肉とかで誤魔化しにくいからかもしれません。
感情と酒量の制御が難しくて、整形外科疾患とメンタルヘルスやQOLについて考えさせられます。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事