文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

リハビリ新潮流(3)がん手術前から体力増強

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
リハビリ新潮流(3)がん手術前から体力増強

担当医の幸田さん(右)と話しながら、140キロ・グラムのレッグプレスに取り組む柳さん

 点滴をつるした台を押しながら歩く男性、歩行器を頼りにゆっくり進む女性――。和歌山県立医大病院の理学療法室は、10月下旬のこの日もリハビリに励む患者でごった返していた。

 脳卒中や交通事故、がんの手術などを経験した人たちが、柱の周りをぐるぐると懸命に歩く、歩く。壁際にはスポーツジムで使うランニングマシンや自転車、筋力トレーニングのための器具が所狭しと並ぶ。

 太ももを鍛えるレッグプレスに取り組んでいた同県の柳晶吉さん(71)は、食道がんの手術から3週間。2日後に退院を控えていた。

 「ええ汗をかいてるおかげで食事もおいしいよ」

 もともと鉄工所に勤めていた柳さん。退職後はあまり出歩かず、昼間からお酒を飲んでごろごろすることが増えた。そんな時、食道がんが見つかった。同大に来て指示されたのが、入院までの約2週間、1日1万歩の歩行や同200回のスクワットを続けることだ。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事