文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

アルツハイマー早期診断 血液一滴でOK…名古屋市立大開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 認知症の7割を占めるとされるアルツハイマー病の早期診断を、一滴の血液で可能にする手法を開発したと、名古屋市立大の道川誠教授(神経生化学)らの研究チームが発表した。すでに製品開発を進めているという。成果は7日から東京で開かれる日本認知症学会で報告される。

 アルツハイマー病では、患者の脳に異常なたんぱく質「アミロイドβ(ベータ)」が蓄積することが知られている。ワクチン療法などの治療法が開発されているが、発症後は効果が限定されるため、早期診断の重要性が指摘されている。診断には脳脊髄液を採取する検査などがあるが、患者の負担が大きかったり、検査できる施設が限られたりするなどの問題がある。

 発表によると、チームは健常者とアルツハイマー病患者などの計72人について、血清などに含まれる物質を比較。患者の髄液や血清では「フロチリン」というたんぱく質の濃度が大幅に低下していることを確認した。アルツハイマー病発症の前段階である軽度認知症でも、フロチリン濃度の低下がみられたという。

 道川教授は「簡便で安全、安価な診断マーカーとして従来の検査の代替になる可能性がある」としている。

  新潟大脳研究所の池内健教授(神経内科学)の話 「フロチリンへの着目は独創性にあふれ、今後の発展が期待できる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事