文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ミュージシャン DJ KOOさん

一病息災

[ミュージシャン DJ KOOさん]脳動脈瘤(1)10ミリ近いこぶ 視神経圧迫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[ミュージシャン DJ KOOさん]脳動脈瘤(1)10ミリ近いこぶ 視神経圧迫

 自分を過信していた。お酒は体質に合わず、たばこも吸わない。大きな病気の経験はなく、体調不良もほとんど感じなかった。

 1980年代から都内のクラブやディスコでDJとして活動し、90年代以降は音楽ユニット「TRF」のメンバーとして小室哲哉さんの曲で大ヒットを連発。近年は親しみやすいキャラクターが受け、タレントとしても人気になっていた。

 不規則な生活は当たり前で、疲れていても、仕事ができるなら大丈夫――。

 ところが2017年、テレビのバラエティー番組で人間ドックを受けたところ、MRI(磁気共鳴画像)で脳血管の一部に、こぶのように膨らんだ部分が発見された。直径9・8ミリの脳動脈 りゅう で、すでに視神経が圧迫されていた。

 こぶが破裂し、くも膜下出血を発症すると、命を落としたり、重い障害が残ったりする危険がある。

 日本脳神経外科学会によると、こぶの大きさが直径7~9ミリでは1・69%、10ミリ以上になると4・37%が1年で破裂する。

 検査の結果を見ると、くも膜下出血の危険と隣り合わせの状態だった。

 番組収録後、医師から説明を受けている間、フワフワと体が宙に浮いているような不安に襲われた。

 「自分がこの世からいなくなるかもしれない……。初めてそう考えました」

ミュージシャン  DJ KOOディージェイ コー さん(58)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

ミュージシャン DJ KOOさん

最新記事