文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

健康・ダイエット

さっぱりレバニラいため

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、ご飯にぴったりの健康レシピ「さっぱりレバニラいため」のご紹介です。

 栄養価が高く、ぜひとも食べてほしいレバニラいため。町の中華屋さんでも人気のメニューですが、塩分と油分が気になります。手作りでこそ味の調整ができるので、ぜひ、おうちで作ってほしいレシピ。豚レバーは安価なところもうれしいポイントです。

 油で揚げずに、いため揚げにして、塩分は薄味設定にする。レバーは、味の強い部位なので、薄味にしても十分味わえます。独特の臭みが苦手、という方には、牛乳に漬けるのが有効です。牛乳が臭みを吸着してくれます。少し多めの油でいためたら、キッチンペーパーで油を拭き取ると、カロリー減にも役立ちます。

 また、レバニラの「ニラ」には、疲労回復やスタミナアップに有効な硫化アリルが含まれています。硫化アリルはビタミンB1と組み合わさることで結合し、力を発揮します。殺菌、抗菌作用や脂肪燃焼効果もあります。季節の変わり目で体調を崩しやすい時期です。ニラとレバーを食べておいしく健康的に過ごしましょう。

[作り方]

(1) 牛乳にレバーを漬け込み、臭みを抜く(約20分)。ハクサイとニンジンとニラと紫キャベツは短冊切りにする。

(2) 水気を切ったら、片栗粉で衣をつけ、180度の油でいため揚げする(レバーは薄切りなので火の通りが早い)。

(3) レバーに火が通ったらキッチンペーパーで油を拭き取り、レバーもいったん取り出す。

(4) 強火にして、残り油で野菜をいため、火が通ったらレバーと(A)の調味料を入れて完成。

 (レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事