文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

急に走る・飛び降りる…インフル感染、異常行動42人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 インフルエンザにかかり、急に走り出す、飛び降りるなどの異常行動を起こした患者が、昨シーズンで42人に上ることが、厚生労働省の調査でわかった。29日に開かれた同省の有識者会合で報告された。昨年9月から今年8月までに製薬企業から報告があったケースを調べた。

 服用した治療薬別にみると、タミフルが19人と最も多く、昨年発売された新しい治療薬「ゾフルーザ」は16人。このほか、リレンザが4人、イナビルが3人で、いずれも10歳代以下が多かった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事