文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

女性の尿漏れ…骨盤底筋 鍛えて予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 思いがけず尿が漏れてしまう症状は、40歳以上の女性なら約半数が経験するといわれる。生活の質が大きく低下し、羞恥心から一人で悩む人も少なくないが、女性泌尿器科で適切な治療を受ければ、改善することも多い。(佐々木栄)

女性の尿漏れ…骨盤底筋 鍛えて予防

  筋肉緩む原因別に

 尿は体内で常時つくられ、 膀胱ぼうこう にたまる。最大300~400ミリ・リットルまでためられるが、その半分足らず(100~150ミリ・リットル)の量に達すると脳に情報が伝わり、尿意が起こる。脳からの指令で、膀胱が収縮するとともに、尿道とのつなぎ目にある「 ない尿道括約筋にょうどうかつやくきん 」という筋肉が緩み、尿を押し出そうとする。

 これらは自分の意思でコントロールできないが、尿道の出口近くにある「 がい 尿道括約筋」は、意識的に締めたり緩めたりできる。通常はこの筋肉の働きで我慢できるものの、こらえきれずに尿が出てしまうのが尿漏れ(尿失禁)だ。

 尿漏れのうち、おなかに力がかかった時に尿が漏れる「腹圧性尿失禁」が最も多い。女性の骨盤内には、膀胱や子宮、卵巣などがあり、筋肉や 靱帯じんたい でできたハンモック状の「骨盤底」が、下から支える。出産や肥満などで骨盤底が緩み、腹圧で尿道がぐらつき不意に漏れるのがこのタイプだ。

 せきやくしゃみ、子どもを抱き上げるといった、ささいな動きで漏れることもある。多産や体重4000グラム以上の大きな赤ちゃんの出産経験、閉経により骨盤底に張りを与える女性ホルモンの分泌が減ることなどが尿漏れのリスクを高める。子宮や卵巣の手術で尿道周辺の神経が傷つき発症する場合もある。

 一方、急な尿意でトイレに行くまでに漏れる症状は「切迫性尿失禁」と呼ばれ、中高年に目立つ。それほど尿がたまっていないのに膀胱が収縮する「過活動膀胱」や、膀胱の知覚過敏で起こる。このほかにも、膀胱が下がって ちつ から飛び出る「膀胱 りゅう 」も一因になる。

  少量でも不快

 尿漏れは少量でも不快で、いつもトイレが気がかりになり、スポーツや旅行などの趣味を諦める人も少なくない。だが、症状に応じた様々な治療法はある。

 腹圧性の場合は、手術で8~9割の人が治る。膣や下腹部を小さく切開してメッシュ素材の医療用テープを入れ、骨盤底が緩んでぐらついた尿道を支える方法で、熟練した医師が手術すればおおむね30分以内で済む。比較的若く、症状が軽ければ、肛門や膣の周りを締めたり緩めたりする「骨盤底筋体操」を、医師らの指導のもとで2か月ほど続ければ改善が期待できる。

 切迫性の治療は、膀胱の収縮を抑える薬が中心。このほか、排尿に関わる神経を刺激する「仙骨神経刺激療法」や、尿意をこらえる練習をする「膀胱訓練」も有効で、腹圧性と同じく骨盤底筋体操も効果的だ。

 骨盤底を鍛えることは、予防にもつながる。特に出産経験のある女性は、若いうちから骨盤底筋体操に取り組むことが望ましい。

 第一東和会病院(大阪府高槻市)ウロギネコロジーセンター長の竹山政美さんは、「尿漏れの悩みは深刻で、尿漏れ用パッドでは改善しない。勇気を出して女性泌尿器科の専門医を受診してほしい」と呼びかけている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事