文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

北海道発! 病院管理栄養士のアイデアレシピ

健康・ダイエット

カリカリベーコンのカレーおこげ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 中華のあんかけおこげをカレー風味にアレンジしました。おこげにおからパウダーを混ぜることにより、食物繊維も多くとれます。食感のアクセントとしてカリカリベーコンを添え、食欲をそそる一品に仕上げました。

[作り方]

〈下準備〉

・むきエビは背わたを取っておく。

・キクラゲは水で戻しておく。

・ご飯におからパウダーを混ぜ、クッキングシートを敷き、厚さ1cm程度に平らに延ばす。500Wの電子レンジで5分加熱し、包丁を水でぬらしながら、適当な大きさ(四角・1人分4個)に切る。


(1) ベーコンは千切り(0.5×2cm)にし、フライパンでカリカリになるまでいためたら、別の皿に移しておく(フライパンに残った脂はとっておき、野菜いために使う)。

(2) イカは飾り切りにし、3cm角程度の大きさに切っておく。

(3) チンゲンサイは葉と茎の部分を分けて切り、タケノコ、エリンギ、ニンジンは短冊切りにする。

(4) キクラゲは、適当な大きさに切る。

(5) (1)のフライパンにサラダ油を引き、ショウガとニンニク、タケノコ、エリンギ、ニンジン、チンゲンサイの茎を入れていため、材料がしんなりとしたら(2)とむきエビ、キクラゲを入れていためる。

(6) 水を加え、沸騰してきたら、(A)を加えてひと煮立ちさせ、チンゲンサイの葉を入れて、片栗粉でとろみをつけ、仕上げにゴマ油を入れる。

(7) フライパンにおこげ用のゴマ油とサラダ油を入れて180度に熱し、下準備したご飯を両面がきつね色になるまで揚げてから、別のフライパンで表面をサッと焼く。

(8) (6)と(7)を別々に盛り、食べる時に(6)の上に(1)を散らし、(7)にかけて食べる。

(レシピ作成 札幌医科大学付属病院 栄養管理センター 管理栄養士 荒川朋子、  白石沙耶可)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

hokkaido-sweets_logo2

一般社団法人 地域健康社会研究所

 2009年に北海道大学病院(札幌市)に設置された研究部門の研究内容を引き継ぐ形で、2013年に設立。健康や医療の情報を広く国民に伝えることを目的に、医療情報通信(地域けんこう通信)を発行している。

 また、主として北海道の病院管理栄養士や栄養学を学ぶ学生向けに病院食レシピコンテストを過去4年間開催し、集まったレシピ(減塩食、乳和食、低カロリースイーツなど)を書籍や通信(なおレピ通信)等で家庭に普及する活動を行っている。

一般社団法人 地域健康社会研究所「地域けんこうNet」

http://chiikikenkou.net/

北海道発! 病院管理栄養士のアイデアレシピの一覧を見る

最新記事