文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

思春期の子どもを持つあなたに

コラム

第10部 発達障害(下)子どもがわがままを爆発させても、腫れ物に触るようでは解決しない。両親の言葉と行動で示すべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

必要なのは迎合ではなく、年齢相応の対応

 それ以降、両親とも努力を始めたようです。

 次の診察では、母親は「おはよう」「お帰り」など、日常的なあいさつはきちんとするようにしていることを話しました。さらに、自分の夫に対して、あまり文句をつけないようにもしているそうです。

 父親も「洗濯物や使った食器のことなどで、妻に文句を言わせないように気をつけている。それに、週に1度は3人で一緒に食事をすることにした」などと、家庭内の空気が変わってきていることを報告してくれました。

 子どものためとはいえ、行動をすぐに変えることはなかなか難しいことです。私は両親の態度の変化を見て、A君の改善を確信しました。

 それまで、この家族は完全にA君の支配下にありました。

 わがままを言うだけでなく、「料理がまずい。作り直せ」などと母親に高圧的に振る舞うことが日常的でした。

 また、それまでのA君は、自室があるにもかかわらず、リビングルームにも自分の荷物を置いて占拠し、ゲームをしたり、そのままそこで眠ってしまったりすることもありました。両親は、テレビを見たり、くつろいだりすることが出来ませんでした。

 A君との衝突を避けるために、あえて何も言わないようにしてきたそうです。しかし、子どもの幼児的な欲求を満足させるばかりでは、解決になりません。この両親に必要なのは、A君に対して、年齢相応の対応をすることなのです。

 わがままを爆発させたA君が暴れたとしても、それに決して迎合しないこと。今までのように、腫れ物に触るような対応を続けても、A君の改善にはつながらない。たとえA君が納得しなくても、「リビングルームは家族が過ごす場所であり、自分の荷物は自室に片づける」「自分の部屋で寝る」と両親の考えをしっかり伝えるように助言しました。

 両親はそれを行動に移しました。

母親の愛情独占のために、邪魔な父親を排除したい

 次は両親とA君の3人の関係です。A君は父親から簡単な指摘を受けただけで、母親に不満を言い付けます。それに対して、母親が少しでも父親寄りのことを言うと、「お前はあいつの肩を持つのか!」と暴れ出すことも一度や二度ではありませんでした。

 一見、理不尽なA君の行動は、精神分析の「エディプス葛藤」という概念で理解することができます。簡単に言えば、母親の愛情を独占するために邪魔な父親を排除してしまいたいという願望ですが、A君がこの願望を手放さない限り、発達課題である親離れには向かわないわけです。ですからA君がこの願望を手放す方向で親は対応することが必要で、「A君のエディプス願望を満たす『父親の排除』には、両親ともに乗らないことが大切」と助言しました。

 更に母親からは、夫婦の寝室についての意見を求められたため、「両親が同室で寝たほうが、A君が夫婦仲の心配をしなくて済むだろう」と伝えると、両親はリフォームを行い、同じ寝室で眠るようになりました。

 間もなくA君が変わっていきました。

 両親が自分に対して 毅然(きぜん) と対応するようになったこと、それに以前とは家族の関係が変化したことを感じたのだと思います。母親に対する無理な要求、高圧的な態度は減り、思い通りにならなくても、暴れたりすることはなくなりました。

 修学旅行には自分で起きて、荷物も詰めてちゃんと出かけていきました。明らかに良い兆候です。

 相変わらず、リビングルームでゲームをしてはいますが、ニュースの時間には両親にテレビを譲るようにもなりました。

勉強に口出しする両親には、毅然と「自分のペースでやるから」と

 さて、中学3年の夏休みが過ぎ、高校進学の問題が迫ってきました。A君の学校は中高一貫教育です。とはいえ、内部進学には、成績や素行などで一定の水準が求められます。

 両親に対する行動は改善の兆しは見えてきたものの、相変わらず勉強はまったくしないで、両親がいくら言ってもゲームばかりやっている日常は変わりませんでした。引き続き、学校での授業態度もかなり悪い様子です。

 内部進学は難しいと考えた父親は、「ここなら合格できそうだから、D高校のオープンキャンパスに行きなさい」と伝えたそうです。

 どうやら、A君の父親はいろいろ先走りしすぎる印象です。

 そこで私は、「本人が現状を判断して、決めることが大切。そのためには、担任の先生から、現在の出席日数や成績などについてA君に直接説明してもらったほうがよいだろう」と助言しました。

 結果的に、A君はD高校のオープンキャンパスには行きませんでした。それに落胆した両親は、またお互いの責任を指摘し合うようになりました。

 ここでも私は、「A君自身が考えて、行動するしかない」と伝えました。

 その後、担任からは「今の成績や態度では内部進学が難しいこと」が本人に伝えられましたが、それに対して、A君は意外なほど冷静な反応を示しました。

 「自分には、行きたい大学の学部がある。そのためには親の勧めたD高校よりも、内部進学をしたほうがいいことがわかった」

 自分で大学やD高校についての情報を集めていたことがわかりました。

 A君の希望で両親が家庭教師をつけると、家庭教師が来ている時間は、A君は熱心に勉強し、夜遅くまでゲームをすることもなくなりました。

 両親が勉強に口出ししようとすると、「自分のペースでやるから、放っておいてくれ」と毅然と言いました。言うまでもなく、A君は学校からのすべての条件をクリアし、希望通りに内部進学を果たしました。

 高校生になると、学校には遅刻せずに通い、家での暴言暴力は全くなくなりました。友達とは、映画やカラオケに行ったりしているそうです。バレンタインデーには女の子にチョコレートをもらったり、ホワイトデーにお返しをしたりと、普通の高校生の生活を楽しんでいるようです。

 「発達障害」と診断された子どもに問題行動が表れると、「解決は困難である」と判断されてしまうことがしばしばあります。

 しかし、問題行動が発達障害そのものの症状ではない場合もあります。

 家庭の不和などが、思春期の発達課題を乗り越えるための障害となる場合も少なくありません。

 これらすべてを、数分の診察や心理テストだけで判断することは因難です。発達路線に戻る道を探るためには、ご本人やご両親から十分に話を聞くことが必要となります。(関谷秀子 精神科医)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

shisyunki-prof200

せきや・ひでこ
精神科医、子どものこころ専門医。法政大学現代福祉学部教授。初台クリニック(東京・渋谷区)医師。前関東中央病院精神科部長。

思春期の子どもを持つあなたにの一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

両親そろってない場合は

五月

興味深く拝読しています。 コラムは、毎回、父親・母親、両方そろっている「親ガイダンス」、結果、ハッピーエンドで終わり、のパターンのようですが、 ...

興味深く拝読しています。
コラムは、毎回、父親・母親、両方そろっている「親ガイダンス」、結果、ハッピーエンドで終わり、のパターンのようですが、
何らかの事情で片親だけの場合は、救いようがなく、そもそも親ガイダンスすら成立しないのでしょうか。コラムを読んでいると、結局、チャンピオンケースを取り上げているだけのようで、医療者側が患者を選んでいる感じがします。
患者の背景はもっと様々なのですが。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事