文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

認知症介護あるある~岡崎家の場合~

コラム

「いつ家に帰れる?」 ついに来た!恐れていた問いが…父さんの施設入所(3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
「いつ家に帰れる?」ついに来た!恐れていた問いが…父さんの施設入所(3)

漫画・日野あかね

「親を見捨てるような気持ち」

 母さんが体調を崩して在宅介護が難しくなったため、父さんは現在、特別養護老人ホーム(特養)の入所の順番を待ちながら、老人保健施設(老健)で一時的に暮らしています。

 老健に入所して、2か月くらいたったころのこと。父さんが「オレはいつになったら、家に帰れるんだ?」と言い出したのです。

 本人も、母さんがだんだん衰弱していくのを見ていましたし、なぜ老健にお世話になっているかを説明した時には、理解している様子でした。しかし、少し時間がたったらすっかり忘れてしまったようなのです。認知症なのですから、無理もありません。

 施設に入った人が、「家に帰りたい」と繰り返し訴える……という話は、私も取材でよく耳にしていました。そもそも自宅では暮らせなくなって施設に行ったのだから、すぐに家に戻れる場合は、ほとんどありません。面会の度に、「帰りたい」と言う肉親を置いて、施設を出るつらさ。「まるで、親を見捨てるような気持ちになる」と、苦しい胸の内を語る人もいました。

お茶を濁した自分にもモヤモヤ

 それくらいこの問題は、認知症の家族を施設に託している人には「あるある」であり、大きな悩みとなります。私もある程度は覚悟していたので、「ついに来たか!」と思いつつも、どう答えていいか分からずフリーズしてしまいました。動揺を抑えながら「今はまだ帰れないよ」と言うと、父さんは「そうなのか」と少し悲しそうな顔になりました。

 ここを出たとしても、いずれ特養に入る予定です。そのことには触れず、お茶を濁すような言い方をしたことに、心がちくちくと痛みました。

 その後、面会に行くたびに同じようなやり取りが繰り返され、それは思った以上に私にダメージを与えました。父さんの様子が気になるのですが、面会に行って「いつ帰れるのか」と聞かれることを思うと、なんとも気が重い。まさに板挟みです。

 そのつらさ故に「つい足が遠のいて、面会が減ってしまった」という話を聞いたこともあり、「う~ん、それは悲しいな」と、その時は思っていました。ああ、あの人の気持ちが、今なら分かります……。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

column_aruaru-200re

認知症介護あるある~岡崎家の場合~

岡崎杏里(おかざき・あんり)
 ライター、エッセイスト
 1975年生まれ。23歳で始まった認知症の父親の介護と、卵巣がんを患った母親の看病の日々をつづったエッセー&コミック『笑う介護。』(漫画・松本ぷりっつ、成美堂出版)や『みんなの認知症』(同)などの著書がある。2011年に結婚、13年に長男を出産。介護と育児の「ダブルケア」の毎日を送りながら、雑誌などで介護に関する記事の執筆を行う。岡崎家で日夜、生まれる面白エピソードを紹介するブログ「続・『笑う介護。』」も人気。

hino-117-fin

日野あかね(ひの・あかね)
 漫画家
 北海道在住。2005年にステージ4の悪性リンパ腫と宣告された夫が、治療を受けて生還するまでを描いたコミックエッセー『のほほん亭主、がんになる。』(ぶんか社)を12年に出版。16年には、自宅で介護していた認知症の義母をみとった。現在は、レディースコミック『ほんとうに泣ける話』『家庭サスペンス』などでグルメ漫画を連載。看護師の資格を持ち、執筆の傍ら、グループホームで介護スタッフとして勤務している。

認知症介護あるある~岡崎家の場合~の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事