文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

思春期の子どもを持つあなたに

コラム

第10部 発達障害(上)母親に「ゲームのアプリのために、クレジットカードをよこせ」と暴れた中3男子。父親が警察を呼んだ後に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 生まれつき脳の一部に何らかの機能障害があることで発症するが、なぜ機能障害が起こるのかについては、現時点では十分には明らかになっていない。

 発達障害には、自閉症、アスペルガー症候群、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害などが含まれる。本人の得意な部分と不得意な部分を、本人、家族、学校などが理解し、生活の中で工夫していくことが大切だ。

学校では無気力、家庭では暴言と暴力を

 都内の中学3年生のA君に変化が起こったのは中学2年の3学期のことです。遅刻が増え、宿題も提出しないで、テストも白紙。先生に注意されても無視するようになりました。母親がスクールカウンセラーに相談したところ、「A君の気持ちに寄り添うことが大切。言い分を聞いてあげてください。満足すれば治まるはず」と言われました。

 しばらくは、その助言に従っていましたが、まったく効果はなく、むしろ問題行動がエスカレートしていきました。母親に対しては、「~を買ってこい」「そこに座るな」「俺の言うことを聞け」などと暴言を吐き続け、自分の要求が通らないと、蹴ったり、物を投げたりの暴力行為にまで及ぶようになりました。その結果、母親は 肋骨(ろっこつ) を骨折してしまいました。

 とうとう、警察沙汰になってしまったのは、しばらく後のことでした。

 ある日、母親が仕事に出かけようとしたときのことです。

 玄関にまでA君が追いかけてきて、「スマホゲームのアプリを入れるから、クレジットカードを貸せ」と高圧的に迫りました。

 急いでいたこともあり、さすがに母親は強い口調で言いました。

 「いい加減にしなさい!」

 この言葉に、A君はキレました。

 「取り消せ! 謝れ!」と、ポットや炊飯器やパソコンを投げつけてきました。身の危険を感じた母親が、家の外に逃げ出さなければならないほどの荒れようでした。

 その後、父親が帰宅したときにも、A君の興奮はおさまっておらず、家のガラス窓は粉々、ドアは蹴破られた状態でした。床には包丁が散乱していたこともあり、危険を感じた父親は、ついに警察に連絡しました。

 警察官がやってきた時には、A君は落ち着きを取り戻していました。

 暴力行為とはいえ、親子間のトラブルです。警察官はA君を医療機関に連れていくことを両親に勧めました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

shisyunki-prof200

せきや・ひでこ
精神科医、子どものこころ専門医。法政大学現代福祉学部教授。初台クリニック(東京・渋谷区)医師。前関東中央病院精神科部長。

思春期の子どもを持つあなたにの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事