文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

九州・沖縄 インフル流行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
九州・沖縄 インフル流行

 九州・沖縄でインフルエンザが流行している。9月上旬から福岡、佐賀、長崎、大分、宮崎、鹿児島の6県で昨季より2か月以上早く流行期に入り、沖縄では9月11日、警報が発令された。厚生労働省は手洗いやうがいの徹底を呼びかけている。

 厚労省によると、9月第1週(9月2~8日)に宮崎県で1医療機関当たりの患者数が1.17人となり、流行の基準である1人を超えた。同県によると昨季より約3か月早く、記録が残る2006年以降、新型インフルエンザが流行した09年を除き最も早かった。

 今月7~13日の患者数は、全国平均0.9人に対し沖縄県の18.02人が全国最多。これに鹿児島県(4.08人)、佐賀県(2.77人)、福岡県(1.76人)が続いた。長崎、大分、宮崎県は1人を下回った。

 九州で流行している理由は不明だが、医師の藤内修二・大分県健康づくり支援課長は「近年の夏の暑さ」に言及。多くの家庭や職場で冷房をつけるため、室内の温度が下がって空気が乾燥することから「(インフルエンザウイルスが活動しやすい)冬場と似た環境になっている」と指摘している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事