文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

娘の「わきが」が気になる

 11歳の娘が昨秋頃から、わきに汗をかくと臭うようになりました。本人は気づかないようです。わきに薄く毛が生えてきて、処理するかどうかも迷います。市販のわきが止めクリームを塗ってよいですか。(48歳女性)

対症療法で症状緩和を

馬場直子 神奈川県立こども医療センター皮膚科部長 (横浜市南区)

 汗を分泌する器官・汗腺は、エクリン腺とアポクリン腺があります。エクリン腺は全身の皮膚に分布し、体温調節や水分調節をしています。

 一方、アポクリン腺は、わきの下や乳頭の周り、外陰部、耳の穴など特定の部位にあります。幼少時は、あまり発達しておらず、ほとんど分泌されません。思春期が近づき血液中の性ホルモンの量が増えると、分泌量が増えます。脂肪を多く含む、やや粘り気のある汗です。

 それが、皮膚の表面にある細菌によって分解され、強い臭いを放つようになります。いわゆる「わきが」です。分泌される脂肪の量が多いほど、脂肪を分解する細菌の量が多いほど、時間がたつほど、臭いが強くなります。

 わきがは体質や人種と関係があります。日本人には比較的少なく、欧米人には多くみられます。

 体質は変えられません。悩む人には、症状を緩和する対症療法が行われます。汗をかいたら、わきの下をぬれたおしぼりで拭くか、シャワーで流しましょう。制汗剤もある程度効果があります。臭いを招く細菌は毛にも存在するので、わき毛をそるのもよいでしょう。大人になれば、レーザー治療やボトックス注射など原因を取り除く治療もありますが、中学生以下では、対症療法をお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

読売IDを取得し、ヨミドクターの有料(プラス)登録をされた方が利用できます。
下の「会員登録」のボタンをクリックして、手続きしてください。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談には、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。電話相談は、読売新聞を購読されている方で、ヨミドクターの有料(プラス)登録をされた方のみご利用できます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。