文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

いじめ最多54万件、「PCや携帯で中傷」高校の2割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 全国の小中高校などが2018年度に認知したいじめは、前年度比12万9555件(31%)増の54万3933件と過去最多だったことが、文部科学省が17日に公表した「問題行動・不登校調査」で分かった。いじめ防止対策推進法に定める「重大事態」も同128件(27%)増の602件と最も多かった。

 発表によると、学校別では小学校42万5844件(前年度比34%増)、中学校9万7704件(同22%増)、高校1万7709件(同20%増)とすべて増えた。同省では「学校が、ふざけ合いなども積極的にいじめと認知した結果だ」と肯定的に評価している。

 内容は多い順に「からかいや悪口」「遊ぶふりでたたかれる」「仲間外れ、無視」などと続いた。「パソコンや携帯電話での中傷」は1万6334件と06年度以降で最も多く、高校でのいじめの約2割を占めた。

 学校が把握した18年度の自殺者は332人(同82人増)で、9人(中学3、高校6)はいじめを苦に自殺した。

 また、小中学校の不登校は1998年度以降で最も多い16万4528人。小中高校での暴力行為は同9615件増の7万2940件だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事