文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

【意思決定】家族の「葛藤」(1)90代母 抗がん剤直前中止

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
【意思決定】家族の「葛藤」(1)90代母 抗がん剤直前中止

自宅で認知症の母とほほ笑みあう市橋さん。母の表情の変化が「かわいらしい」と話す(大津市で)=長沖真未撮影

 大津市の元塾講師、市橋靖夫さん(64)は2016年7月、決断を迫られた。認知症の母(94)が、血液のがんの一つ、多発性骨髄腫を患って入院。主治医から、母の抗がん剤治療をどうするか問われたのだ。

 母は、慣れない場所では混乱する。病室でも、夜になると「帰りたい」と大声で叫んだ。「ここどこ?」「病院やで」「そうか、誰が病気や?」「お母さんやで」。そんなやりとりを繰り返した。

 市橋さんは、主治医の説明をかみしめた。抗がん剤治療は選択肢の一つだが、「高齢なので、体への負担が大きい反面、効果は薄いかもしれない」と言われた。母は貧血が進み、腎機能も衰えている。だが、治療をしなければ急に悪くなる場合がある。その時期は「最短で2~3か月後」。あまりにも短く、重い。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事