文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット

かんたんパングラタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは。在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。

 今回は、買い置きできる材料で作るパングラタンのご紹介です。

 「食べやすくて簡単にできる食パンのアレンジ方法はないですか?」。いつもお昼は食パンと決めている利用者の方の、ご飯作りを任されているお嫁さんからの相談です。いつもは食パンを牛乳に浸して食べているとのこと。特に本人からは不満はないけれど、たまには目新しいものを出してあげたい……そんな思いがあったようでした。

 市販のレトルトカレーは、具材が小さくカットされているものや、軟らかく煮込まれているものも多く、そのままでも介護食に使用できるものも多くあります。また、食べやすくするポイントは、パンは牛乳で水分を含ませること。また、そのまま焼くと塊になったり、伸びてかみ切りにくくなってしまう溶けるチーズは、刻んでからカレーに軽く混ぜること。このひと手間で食べやすいパングラタンの出来上がりです。

 また、栄養面では卵を一つ追加することで、たんぱく質もしっかり取れるメニューになります。

 もちろん、パンの代わりに軟らかめのご飯を使ったり、カレーの代わりにシチューやミートソースなどを用いるのもいいですね。

[作り方]

(1) 食パンは耳を取り除き、2cm角に切る。チーズは粗みじん切りにしておく。

(2) 耐熱の器にパンを並べ、牛乳を回し入れて両面をよく浸す。その上に、温めたレトルトカレーを注ぎ、(1)のチーズを混ぜながらのせる。中心をくぼませ、卵を割り入れる。

(3) オーブントースターで5~7分ほど、卵が半熟になる程度まで加熱する。

※かむ力、のみ込む力には個人差があります。食べる機能を確認しましょう。

 (レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ito3

伊藤清世(いとう きよ)

在宅訪問管理栄養士・介護食アドバイザー
委託給食会社で病院・高齢者施設・保育所等の調理業務、総合病院の管理栄養士を経て、現在は仙台市の「ないとうクリニック複合サービスセンター」で在宅訪問管理栄養士として活動中。また、地域での講演活動を通じ、かむ、のみ込む力が低下した方にも喜ばれる、食べやすくおいしい食事作りを提案している。

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

最新記事