文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

街で障害のある人と出会ったら~共生社会のマナー

コラム

歩道の点字ブロックはなぜ黄色いの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 ヨミドクターをご覧のみなさま。サービス介助士インストラクターの冨樫正義です。今回は駅や街中で見かけ、ホームで「黄色い点字ブロックの内側までお下がりください」などとアナウンスされることも多い点字ブロックについてです。

弱視の人などはブロックの色が頼り

 点字ブロックは正式名を「視覚障害者誘導用ブロック」と言い、1965年に日本人の三宅精一氏により発明され、現在では世界の多くの国で利用されています。視覚障害のある人が街中を歩くときに頼りとしているものです。

 視覚障害と一口に言っても、見え方は様々です。そして、人により、誘導用ブロックの利用の仕方も様々です。

 全く見えない全盲の人であれば、ブロックを足の裏や 白杖(はくじょう) の先で確認しながら歩きます。弱視の人や視野の狭い人であれば、ブロックの色を頼りに歩いたり、段差が分かりにくい時は、段差の前であることを表すブロックの形状を足の裏や白杖で確認し、安全を確保したりします。

 よって、ブロックの形状で確認する人にとっては、どこでも形状が統一されていることが大切です。一方、弱視の人にとっては、見やすいことが重要ですので、目立つ「黄色」が一般的に使用されています。重要なのは、周囲の路面と区別しやすいことですから、必ずしも黄色であれば良いというわけではなく、路面の色とコントラストが強いことが求められています。

 しかし、実際には、景観を理由にめだたない色を採用したり、建物の色や舗道と同系色にしたりしている場合もあります。そのために、視覚障害者誘導用ブロックがあるのだけれども、視覚障害のある人にとっては、見えにくく歩行がしにくいこともあります。

「線状ブロック」と「点状ブロック」

「線状ブロック」と「点状ブロック」

駅のホームには、ブロックのどちらがホーム側で、どちらが線路側かを区別するための「内方線付き点状ブロック」が敷設されているところもあります

 視覚障害者誘導用ブロックには、「線状ブロック(誘導ブロック)」と「点状ブロック(警告ブロック)」があり、2001年にJIS規格として制定されています。

 線状ブロックは、直線誘導のためのブロックで、線が並んだ形状をしており、歩行経路や目的地までの長さに応じて、基本的には直線で一列に敷設されています。

 点状ブロックは、歩行経路の途中で方向転換が必要な場合や、段差や階段など、そのまま進むと危険な箇所であることを伝えるためのブロックで、点が並んでいる形状をしています。

「線状ブロック」と「点状ブロック」

視覚障害者誘導用ブロックのほかに、安全に最短距離で横断歩道を渡ることができるように作られた「エスコートゾーン」もあります

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

togashi-prof150

冨樫正義(とがし・まさよし)

 1973年、埼玉県生まれ。桜美林大学大学院卒(老年学研究科修士号)。日本サッカー協会 施設委員。法律事務所、不動産関係会社、人事コンサルタント、専門学校講師を経て、現在、サービス介助士、防災介助士、認知症介助士などを認定・運営する団体「公益財団法人日本ケアフィット共育機構」(0120‐0610‐64)のインストラクターとして、年間50社以上の企業対象研修を担当するほか、企業のバリアフリー・ユニバーサルデザインのコンサルティングも行う。

街で障害のある人と出会ったら~共生社会のマナーの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事