文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いつか赤ちゃんに会いたいあなたへ

コラム

妊活男子が増えた!? 不妊イベントに妻を誘って参加 この20年で一番の変化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

変わることない当事者の悩み

 10月最初の週末、私が代表を務めるNPO法人Fineは年に1度の妊活・不妊イベント「Fine祭り」(写真)を開催し、盛況のうちに終了いたしました。

 このイベントで、いくつか再認識したことがありました。Fineは設立16年目を迎え、私はそれ以前から不妊治療をしていたので、20年以上はこの業界(?)を見ていることになります。時代の流れとともに「不妊を取り巻く環境」も変化しつつあることを感じていますが、一方で20年間ほとんど変わっていないこともあります。

 変わらないのは、不妊当事者の悩み・課題です。Fineでは不妊治療の悩みを大きく「身体的負担」「経済的負担」「時間的負担」「精神的負担」の四つに分類していますが、このすべての悩みは20年以上ほとんど変わっていません。例えば、「不妊治療をしていることを周囲に話しづらい」などは、その最たるものです。いまだに不妊を特別なものとしてタブー視する風潮は、当事者の様々な負担を生み出すことにつながっていると感じています。

自ら申し込み、妻を連れてイベント参加する男性

  しかし、変化もあります。特に興味深いのは、このイベントへの男性の参加が目立ったことです。Fineのイベントはもともと、カップルで参加される率は高いのですが、今年の特徴は「男性が申し込み、妻を連れてきたパターン」が例年以上に多かったこと、さらに男性1人のお申し込みも見受けられたことです。これは、これまでにほとんどなかったことです。「妻を連れてきた」という男性と奥さまに、「匿名なら」と許可をいただき、少しお話を伺いました。

 夫婦ともに30代前半で、結婚2年目。不妊治療を始めたばかりだそうです。「その年齢で、まだ結婚2年目なのに、どうして?」と尋ねると、奥さまが「子どもは2人欲しいので、できるだけ早く1人目を授かりたいと思って」と答えてくれました。また。「メディアで卵子や精子が老化するなどの情報を得たため、検査だけでも行った方がいいと思い、近所の産婦人科に行ってみた」とのことでした。

妊活男子が増えた!? 不妊イベントに妻を誘って参加 この20年で一番の変化

 「妻はいつもネットやSNSから情報を得ているから、それで十分で、『リアルな集まりには行きたくない』と嫌がったんですよ。でも僕は、ネットの情報は、どこまで真に受けていいのかわからなかったし、今の自分たちの状態を知るために専門家のアドバイスが欲しかったんです」と、イベントで受けられる専門家(不妊症看護認定看護師/認定臨床エンブリオロジスト)による無料個別相談も目的の一つだったと話してくれました。

 しかし、実際に参加してみて、奥様に気持ちの変化があったそうです。「実は、おしゃべり会や体験談発表には正直ぜんぜん興味がなかったんだけど、来てみたらすっごく良くて! 『おしゃべり会って言われても、何をしゃべればいいの?』って思っていたけど、旦那君と一緒に行ってみたら、気が付いたら自分からどんどん話しちゃって。『旦那君いなければ、もっと話しやすいのにな』とかまで思っちゃって(笑)」と、明るい笑顔で話してくれ、それを見ている旦那さまも「ね、来てよかったでしょ」とニコニコしている、そんなお二人の姿が印象的でした。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

meet-baby_title2-200-200

松本亜樹子(まつもと あきこ)

NPO法人Fine理事長/国際コーチ連盟認定プロフェッショナルサーティファイドコーチ

 長崎市生まれ。不妊経験をきっかけとしてNPO法人Fine(~現在・過去・未来の不妊体験者を支援する会~)を立ち上げ、不妊の環境向上等の自助活動を行なっている。自身は法人の事業に従事しながら、人材育成トレーナー(米国Gallup社認定ストレングス・コーチ、アンガーマネジメントコンサルタント等)、研修講師として活動している。著書に『不妊治療のやめどき』(WAVE出版)など。
Official site:http://coacham.biz/

いつか赤ちゃんに会いたいあなたへの一覧を見る

最新記事