文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

医療ルネサンス

【意思決定】高齢者の「選択」(6)決断促した妻に感謝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
【意思決定】高齢者の「選択」(6)決断促した妻に感謝

腎臓がんの手術を受けた杉田さん。生きる意欲をもって透析治療を続ける(新潟県上越市で)

 杉田収さん(74)の人工透析歴は43年になる。地元の新潟県立中央病院(上越市)で今も、週3回、計13時間半の透析を受ける。腎不全で機能しない腎臓の役割を機械で補う。

 県立看護大学の教授(生化学)を長く務めた。妻の靖子さん(74)や3人の子どもを養うため、常に仕事を優先した。ぜいたくも家族旅行も控えた。子どもたちは、我慢することを覚えて育った。

 40年を超える透析患者は全国で900人ほど。透析医療が進歩し、厳しい食事制限などの自己管理をすれば、長生きが可能になった先に杉田さんの人生があった。2016年12月、その杉田さんの両方の腎臓にがんが見つかった。

 泌尿器科の医師は、「手術で摘出すべきだ」と勧めた。だが、杉田さんは「様子を見ます」と答え、確定診断も受けなかった。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事