文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

認知症介護あるある~岡崎家の場合~

医療・健康・介護のコラム

食事は?アクティビティーは? ヨタヨタ歩く母さんと怒濤の見学ツアー…父さんの施設入所(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

弱々しい母さん、スタッフは「この方が入所?」

 つえをついてヨタヨタと施設の玄関をくぐる母さんに、「この方が入所されるのですか?」とスタッフが尋ねます。「残念ながら、私でなくて夫です」と、力なく笑う母さん。他人にはそう見えるほど弱っているのかと、何とも複雑な気持ちになりましたが、ここは落ち込んでいる場合ではありません。

 「私たちが面会に行きやすい場所」であることに加え、父さんの好きなアクティビティーの充実度や、食べることが何よりも生きがいという父さんのため、食事のチェックも忘れません。

 ほかにもライターの仕事で知り合った介護のプロから聞いたチェックポイントをガンガン質問しました。普段は控えめな私(自分で言うのもなんですが、事実です)が、この時ばかりは遠慮は捨てました。それでスタッフに嫌な顔をされたとしても、自分の親を託すのです。母さんの同意を得た時の約束もあるので、そこは譲れません。

 短時間の見学だけで、すべてを知ることは難しいのですが、それでも「ここはアクティビティーが多い」「ここは食事がおいしそう」など特徴をつかみ、父さんと私たちの要望に合った5か所を選んで申し込みをしました。

特養は大人気…600人待ちの施設も

 我が家と同様に特養を希望する人は多く、昔から「数百人待ちが当たり前」といわれていました。今回申し込んだ施設は、いずれも待機者が200人以上で、中には約600人が順番を待っているという大人気の施設もありました。

 入所の順番を決める際には、本人の要介護度や家族の状況などが考慮されます。岡崎家も切迫していますが、他のお宅も、高齢者の一人暮らしだったり、夫婦ともに認知症だったりと、必要に迫られて入所を希望しているのです。200人を一気に飛び越えて、即入所!というわけにはいきません。

思わぬ所から救いの手

 順番が巡ってくるまでどう乗り切るかが、大問題です。短期間、施設に宿泊できるショートステイを目いっぱい利用しましたが、長年の疲労がたまりにたまった母さんの体は、回復の兆しも見られず……。両親のケアマネジャーと途方に暮れていた時、救いの糸がするすると下りてきました!

 父さんの主治医が、父さんの付き添いで来院した母さんの衰弱ぶりに驚き、病院と同じ法人の老人保健施設(老健)に一時的に入れるように手配してくれたのです。ちょっと気難しい感じの先生だと思っていたのですが(すみません)、この時は、仏様のように見えました……。実は患者やその家族思いの慈悲深い先生なのかもしれないと、今までの思いこみを反省しました。

2 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

column_aruaru-200re

認知症介護あるある~岡崎家の場合~

岡崎杏里(おかざき・あんり)
 ライター、エッセイスト
 1975年生まれ。23歳で始まった認知症の父親の介護と、卵巣がんを患った母親の看病の日々をつづったエッセー&コミック『笑う介護。』(漫画・松本ぷりっつ、成美堂出版)や『みんなの認知症』(同)などの著書がある。2011年に結婚、13年に長男を出産。介護と育児の「ダブルケア」の毎日を送りながら、雑誌などで介護に関する記事の執筆を行う。岡崎家で日夜、生まれる面白エピソードを紹介するブログ「続・『笑う介護。』」も人気。

hino-117-fin

日野あかね(ひの・あかね)
 漫画家
 北海道在住。2005年にステージ4の悪性リンパ腫と宣告された夫が、治療を受けて生還するまでを描いたコミックエッセー『のほほん亭主、がんになる。』(ぶんか社)を12年に出版。16年には、自宅で介護していた認知症の義母をみとった。現在は、レディースコミック『ほんとうに泣ける話』『家庭サスペンス』などでグルメ漫画を連載。看護師の資格を持ち、執筆の傍ら、グループホームで介護スタッフとして勤務している。

認知症介護あるある~岡崎家の場合~の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事