文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

宋美玄のわーままクリニック

コラム

「不公平」「手続き煩雑」の声に「便乗値上げ」も…幼保無償化は誰のため?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 10月から消費税が10%に上がって騒がしいなかで、ひっそりと話題になっているのが幼稚園・保育園の無償化です。満3歳以上の子どもなどの保育料が公費から補助されることになりました。低出生率が続き、ついに年間の出生数が100万を切るなか、子育て支援の目玉としてこの制度が決定されましたが、導入前から「無償化よりも保育園に入れない子どもを減らすような政策が先」「保育園に入れた人は費用が補助され、入れない人は何もないから格差が余計に広がる」と異論がありました。

 ちなみに、全て無償化なのではなく、施設の種類によっては補助される額に上限があります。それに、給食費などは補助の対象になりません。また、自治体が独自の減免を設けているため、住むところによっても差があるようです。対象は、幼稚園か認可、認可外などの保育施設に限られ、いずれにも該当しない各種学校の場合は補助を受けられません。

認可外に通う息子 手続きが大変で…

 私の満3歳の息子は、認可外保育施設に通っているため、この制度の対象となります。そこで、区役所に問い合わせて手続きを行うことにしたのですが、聞いてびっくり、とくに認可外の場合、これがとても煩雑なのです。

 両親が働いていて保育が必要であることの証明をしなければいけません。認可保育園に入っていない理由も伝え、無償化に該当すると認定してもらう申請をします。

 また、償還払いとなるため、まず親が保育料を支払い、領収書と請求書を3か月ごとに区役所に郵送しないといけないそうです。今どき紙の領収書と請求書を郵送だなんて、事務手続きが著しく苦手な私は脱落してしまいそうですが、3か月で約10万円と額が大きいので頑張るしかありません。私のように手続きが苦手で 億劫(おっくう) だったり、理解に時間がかかる人のなかには、償還払いにたどり着けない人も相当数いるのではと思いました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

son_300

宋 美玄(そん・みひょん)

産婦人科医、医学博士。
1976年、神戸市生まれ。川崎医科大学講師、ロンドン大学病院留学を経て、2010年から国内で産婦人科医として勤務。主な著書に「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」(ブックマン社)など。詳しくは こちら

過去コラムはこちら

宋美玄のママライフ実況中継

宋美玄のわーままクリニックの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事