文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

白血病と闘い、3年半ぶり公式戦復帰…J2新潟・早川選手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
白血病と闘い、3年半ぶり公式戦復帰…J2新潟・早川選手

3年半ぶりに公式戦出場を果たした早川選手(5日、新潟市で)

 急性白血病で戦列を離れていたサッカーJ2・アルビレックス新潟のDF早川史哉選手(25)が5日、新潟市で行われた鹿児島ユナイテッドFCとのリーグ戦にフル出場した。約3年半ぶりとなる公式戦復帰に「ピッチに戻って来られて幸せ」と喜びをかみしめた。

 粘り強い守備で相手を封じ、6―0の大勝に貢献した早川選手に対し、サポーターも「ふみや」コールで復帰を祝った。試合後、「仲間と勝利を分かち合い、相手との接触プレーで痛みを感じることもできた」とすがすがしい表情を見せた。

 早川選手は、2016年に筑波大から新潟に入団。当時J1のチームで開幕スタメンも果たしたが、約2か月後の同5月に急性白血病と診断された。クラブとの契約も一時凍結されたが、18年11月に再開され、8月にトップチームへ合流した。現在も通院を続けているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事