文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

胃潰瘍薬11社が回収…発がん性物質含むおそれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 胃潰瘍などの治療薬「ラニチジン塩酸塩」について、製造販売する全ての製薬会社11社が自主回収を始めた。発がん性物質が含まれる可能性があるためだが、現時点で健康被害の報告はないという。

 自主回収を進めているのは、先発薬を製造販売するグラクソ・スミスクライン(東京都)と、後発薬を製造販売する日医工(富山県)や沢井製薬(大阪府)、東和薬品(同)など10社。米食品医薬品局(FDA)などが発がん性物質の検出を発表したことを受け、厚生労働省は9月、各社に分析や出荷停止を指示していた。

 ラニチジン塩酸塩は、胃酸を抑える作用があり、胃潰瘍や逆流性食道炎などの治療に使われる。厚労省は「同じ作用を持つ薬が他にあり、医療現場での大きな混乱はないだろう」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事