文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

【1】ギャンブルの沼 2 「ギャンブル依存」は病気だったの!?

シリーズ「依存症ニッポン」

「ギャンブル依存」は病気だったの!?(中)意思の力では抜け出せない深い沼から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

夫は病気。妻として、治したい。治さなくちゃいけない

 ギャンブル依存を治す薬は存在しない。医師のカウンセリングが効果的な場合もあるが、ギャンブル依存の治療に詳しい医師の数はまだまだ少ない。患者1人当たりにかけられる診察時間も十分には取れない。医療機関が「出来ること」は限られている。

 それを補う役割が期待されるのが自助グループだ。

 国内の代表的な自助グループである「ギャンブラーズ・アノニマス(GA)」は、参加者がギャンブル依存経験者と一緒に「ギャンブルのない一日」を送れるようにと、定期的なミーティングなどを中心に活動している。事前予約も参加費用も必要なく、年齢、性別、経験は一切問われない。参加は自由で、何ひとつ強制されることはない。

 目的はただ一点。「ギャンブル問題からの回復」だけだ。

 「GAは、いかなる宗教、宗派、政党、組織、団体にも縛られていない。また、どのような論争や運動にも参加せず、支持も反対もしない。私たちの本来の目的は、ギャンブルをやめることであり、ほかの強迫的ギャンブラーもギャンブルをやめることを手助けすることである」(GAのホームページより)

 田中紀子さんの夫は、都内の自助グループに通うようになった。すでにギャンブルから離れていた紀子さん自身は、依存症の家族や友人のための自助グループに出向いた。夫が病気とわかった以上、妻としてなんとかしなければならない。

 治したい。治さなくちゃいけない……。

 夫婦がそれぞれのミーティングに参加する日が続き、ギャンブルからの離脱に向けて必死になった。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

disorder_120-120

シリーズ「依存症ニッポン」
染谷 一

染谷 一(そめや・はじめ) 
読売新聞東京本社メディア局専門委員
 1988年読売新聞社入社、出版局、医療情報部、文化部、調査研究本部主任研究員、医療ネットワーク事務局専門委員などを経て、2019年6月から現職。

シリーズ「依存症ニッポン」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

【1】ギャンブルの沼 2 「ギャンブル依存」は病気だったの!?

最新記事