文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

産業医・夏目誠の「ハタラク心を精神分析する」

コラム

50歳部長、40歳のつもりでバリバリ働くが 高血圧でダウン、さて、どうする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 製作機器メーカー販売部長の青木太郎さん(50、仮名)が毎年行われる「ストレスチェック」を受けると、「高ストレス状態」の判定でした。「バリバリ働いているのに。おかしい。間違っているんだ」と部長は、産業医の高ストレス者面談にやってきました。

「高ストレスではない」と抗議

イラスト 奥山裕美

イラスト 奥山裕美

私   : 「高ストレス」ですね。簡単に説明をさせてください。

 (部長は納得がいかない様子です)

青木部長: なぜ、高ストレス判定なのか、納得できないので来たんですよ。

私   : 検査結果から、そう判断したのです。

 (結果を見せながら)

 仕事で求められることが過剰で、自覚症状が高得点、さらに職場のサポートがないという3点ですね。

青木部長: 自覚症状ですか?

私   : イライラや過労などの症状が出ていますよ。

青木部長: たまたま、その時、多忙だったから。

私   : そうですか。

青木部長: 仕事をガッチリして、実績もあげている。ラクビーで10年間、鍛えた体です。

私   : 無理をしていると思います。

青木部長: 無理している?

40歳の自己イメージで長時間労働

 私   : 長時間労働をしていますね。

青木部長: 部長だから当然だろう。

私   : 50歳ですね。過度に疲労がたまっていますよ。

青木部長: 僕はね、40歳と思ってやっているんですよ。

私   : 40歳と言える根拠はあるのでしょうか?

 (体に力が入って、顔面が紅潮気味)

青木部長: 40歳と思えば40歳です。 

私   : 50歳は50歳ですけどね。 

青木部長: 本人が40歳だと思ってやっているんだから、それでいいんじゃないですか。

私   : その思い込みが疲労を増やし、ひいては過労、病気につながるのですよ。

青木部長: 今まで病気したことがないんだから。大丈夫ですよ。

私   : もう少し素直になったら、どうでしょうか? 

青木部長: 医者は仕事の現場をわかっていませんね。部長が頑張らなければ実績は上がらない。企業は生き残れないんですよ。

コレステロールも血圧も高い

 私   : 健康あっての仕事です。多面的に理解するために健康診断結果を見てみました。コレステロールも血圧も高いですね。ご存じですよね。これ以上無理してはいけないと体が発するSOSサインですよ。

青木部長: そんなことは聞いてません。

私   : 健康診断を受けていますね。その時に、保健相談を受けなかったんですか?

青木部長: 健康なのに、なぜ相談に行かなければならないの?

私   : 生活習慣を見直して健常状態にするための大事な相談ですよ。

青木部長: 健康だし、実績もあるんだから、文句はないでしょう。

時間外労働を40時間以内に

 私   : やれやれ

青木部長: ストレスはないでしょう。

私   : 体からSOSのサインが出ています。無理をしないようにとね。まず、時間外労働を40時間以内にしてくださいね。

青木部長: そんなことしたら実績は上がりませんよ。

私   : 実績ですか。健康あっての青木さんですよ。わかってくださいね。

青木部長: もう少し、今のままで行きますよ。 

私   : 3か月後に、もう一度来てくださいね。

青木部長: 忙しいんですけどね。

私   : 血圧が気になりますので、ぜひ。

 自信家の青木部長です。家庭ではどうなのでしょうか。妻はどう考えているのでしょうか。本人の言動から再現します。

自信過剰よ、妻もヘキエキ

 青木部長: 高血圧なんて俺らしくない。

妻   : 誰でも病気になりますよ。

青木部長: 俺は別格だ。

妻   : 病気に例外はないのよ、あなた。変な自信、おかしいですよ。

 (彼は妻にも、強気で)

青木部長: なんでだ。

妻   : すぐムキになる。

青木部長: 性格だ。

妻   : 少しは、人の話も聞いてよ。あなた、部下の話を聞かないでしょう。

青木部長: うるさい。

妻   : 子どもみたい。

青木部長: うーん。

妻   : でもね。あなた一人の体ではないのよ。家族への責任があるのよ。私や子どもへの。

青木部長: そうだな。

妻   : 働きすぎよ。残業時間を減らせないの?

青木部長: うーん。

妻   : 健康第一。それが責任よ。

青木部長: わかった、わかったよ。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

natsume-prof

夏目誠(なつめ・まこと)
 精神科医、大阪樟蔭女子大名誉教授。長年にわたって企業の産業医として従業員の健康相談や復職支援に取り組み、メンタルヘルスの向上に取り組んでいる。日本産業ストレス学会前理事長。著書に「中高年に効く! メンタル防衛術」「『診断書』を読み解く力をつけろ」「『スマイル仮面』症候群」など。ブログ「ストレス点数の夏目」はこちら

産業医・夏目誠の「ハタラク心を精神分析する」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事