文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

【意思決定】高齢者の「選択」(2)主治医や家族 大きな支え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
【意思決定】高齢者の「選択」(2)主治医や家族 大きな支え

がんの治療経験を踏まえ、檀家たちの暮らしを気遣う清水さん(右から2人目)(東京都日野市で)=萩本朋子撮影

 清水 博雅はくが さん(93)は昨年9月、食道がんを患った。東京都日野市で、幼稚園の園長と住職の役割を休まずに全うする。そう心に決めて治療にのぞんだ。

 がんのタイプなどから、体への負担の大きい手術は難しい。放射線と抗がん剤を併用するか、放射線に絞るか。相談した二つの大学病院で意見が割れたが、「放射線一本」を勧める慶応大学病院を選んだ。翌月から3か月間、計30回の放射線照射が始まった。

 「多くの幸運に支えられた」と、清水さんは言う。

 消化器内科の中堅の主治医は、清水さんの価値観を否定せず、治療法をチームで探ってくれた。常に目をあわせて、専門用語が少ない、要点を押さえた話し方をした。治療法の押しつけも、「後はあなたが決めて」という突き放した感じもない。治療中やその後の暮らしに起こる変化も事前にイメージできた。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事